緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ルドべキア・タカオ



咲きだしましたよ♪
e0089001_23581481.jpg

ルドべキア・タ・カ・オだなんて、たかおさんって方が交配作出したんだな?きっと。

こんな素敵な花を作った人、どんな人だったんだろう・・・








e0089001_051965.jpg

植物には、よく人の名前が付けられたりしますね。

交配した人の名前だったり、大切な人の名前だったり。

奥様の名前のついた植物も知ってます。

植物をこよなく愛する人って、素敵ですね。




今、園芸家で一番お会いしたい人は、「北海道に住む、高橋武市さん」です。

以前もブログに書いたことがありますが、武市さんの子供の頃に抱いた夢は、花園を作ること。
夢に向かって、一人で、何十年もかけて作り続けている花園。

もちろん、その花園もゆっくり歩いてみたいけど、武市さんとお会いして話をしてみたい。





e0089001_024063.jpg

武市さんには、春、夏、秋、冬、それぞれの季節に応じた仕事がある。

それは、過酷な労働の連続だ。

それは、大好きな花との会話、自然との会話に繫がっている。








e0089001_0325781.jpg

自然の力を信じ、自らの力で生き抜いて行けるような花作り。











e0089001_0342639.jpg

ひたすら、植物と向き合うこと。












e0089001_0353292.jpg

土も、草も、枯葉も、虫も、動物も、

太陽、雨、風、全てが繫がって、自然の力となる。







e0089001_0413547.jpg

大地を使って植物を生かし生産する。

それが農家。

武市さんは、ご自分の事を「園芸農家」だと言う。

武市さんからは、学ぶべき大切な事がたくさんある。

武市さんの花に生きる人生を、もっともっと知りたい。

その中には、私達が今から生きて行く上でのたくさんのヒントが詰っていると思う。

ルドべキア・タカオから、武市さんの話になっちゃった♪^^
by mintogreen | 2009-08-02 01:15 | 花とグリーン