緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン



e0089001_0434067.jpg

最近、鳥の行動を見ていると、あらためておもしろいと感じる。

雨や嵐が来る前、鳥たちは、緊急を知らせるかのように大きな泣き声を発し、無我夢中で餌を啄ばむ。

あちらの木、こちらの木を飛び交い、それはもう夢中だ。

雲が重く垂れ込み小雨が降りだした時など、特に凄い。

そんな時は、泣き声がより響き渡るのだ。

あまりの焦りように、見ているこちらまで心配になってくる。

あらかじめ仲間に知らせ、「嵐が来ないうちに早く食べておけ~!」とでも言っているように聞こえる。

鳥や動物達はこうして仲間に危険を知らせ、それに備える。

そんな事は子供の頃から分かっていても、こうしてじっくり観察していると、自然とともに連動し自分自身の身を守る小さきものたちに、頭でっかちになっている人間として、何か忘れているんじゃ~ないかい?と問われているような気持ちになる。



                                「おい、分かってるのか?」
e0089001_12492.jpg

             「は、はい!見習います!自然のアンテナの感度を良くしておきたいと思います!!」

明日は、子供達に美味しいものを送るんだけど、飛行機は欠航しないかな?

多分、大丈夫でしょう。^^
by mintogreen | 2009-10-23 01:08 | 人間・生き物達