緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

グッピーたち



e0089001_22234322.jpg

水中に居る生物を撮るのはむずかしい。

何度挑戦しても失敗の連続。

「ふ~。。。もう無理。。。」

ようやく撮れたのが、この一枚だけ。




親戚の家で、たくさんのグッピーを飼っている。

子供がたくさん生まれたから取りにおいでと言われ頂いてきた。

友達に半分分けて、浮き草だけが入っていた水瓶の中に残りの半分をそ~っと放したら嬉しそうに泳ぎ回っている。

浮き草は、あっという間に水瓶の口を覆ってしまうほど成長が早い。




毎朝、その浮き草を掻き分けながら、グッピーの餌を与える。

飛沫がかかるんんじゃ~ないかと思うくらい、勢いよく餌を食べる。

このところの大雨で、水瓶はなみなみと溢れんばかりに透明な水を湛え、グッピーたちには居心地の良い環境になっているようだ。




浮き草を少しだけ取り除きカメラを構えた。何と小さな小さなグッピーの子供が泳いでいるではないか。

いつの間にこんなに!数えてみると六匹も、

一週間くらい前には、発見したのが遅かったのか、グッピーを頂いた時にすでに紛れ込んでいたのか、この小さな稚魚の三倍位の大きさのを発見した。

その時も嬉しいやら、驚いたやら。しかし今日のほうが更に驚いた。何せ六匹だもの。

しかもその小ささといったらない。もう食べられちゃうんじゃないかと心配になるほどだ。



大人のグッピーは、カメラを構え続けていたら、次第に姿を現さなくなった。

分かるのかな・・・。

しかし子供のグッピーはお構い無しにス~イ、スイスイと泳いでいる。

この小ささでは、何度挑戦してもピントが合わない。

大人のグッピーでさえ動きが早くて、ピントを合わせることは無理だ。

最後の手段、浮き草に合わせ、シャッターを半押ししたままグッピーがファインダーの中に入るのを待った。

それで撮れたのがこれだ・・・。

もう今日は、これでいいか、と諦めた。^^





あ~、今日はグッピーちゃんを写せてよかった~。

あ、そうだ、おばあちゃんは、グッピーの事を、「ブッピー」と呼ぶ。^^

だから子供も真似して、

「ブッピー、元気にしてる?」

と、電話の向こうで笑いながら言う。





明日は、週に一度の音楽で遊ぶ日。

みんなが笑顔で幸せ気分になる日だ。

用事が重なり行けないこともあるけど、私にとって大切な時間だ。

いろんなことを脳と体が受け入れられるようにいつもぐにゃぐにゃにしておこうと思う。

すると、問題がやわらかく解けていくのだ。

その解けていく感じは実にいい気持ちなのだ。

川の流れのように緩やかに遥かな方向に流れていくのを見送ったら、またぽくぽくと歩いて行くことができる。
by mintogreen | 2010-10-11 23:31 | 人間・生き物達