緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

娘との電話での会話



東京に住む娘と、普段からよく長電話を楽しんでいる。

もちろん、今の大きな話題は原発災害の事。

事故が発覚した当初は、「普段から昆布を食べているといいらしい!」「外出時はマスクをしてヤッケの上下を着ろ!」

等、あれこれ言っていたが、そのうちうるさがられ言わないようにした。




そして会話の中で、出た結論。

(誤解をなさらないようお願いします)

何処に住もうが、結局同じ。

地球全体で人間の安心して住めるところは非常に少ない。

今、ここで覚悟を決め、無理の無い限り、出来るだけの備えと自然に近づき人間らしい生活を目指す。



今までの事にお詫びをし、そして今までに与えられたことに感謝をする。この二点に尽きるよね。と・・・



今、私たちの間では、何故か恐さが無い。

何か不思議な気持。

今まで通り娘と電話で楽しいおしゃべりをしながら腹の底から笑いたい。

笑うネタは尽きない。二人の秘密の話がたんまりある。^^

何時間おしゃべりしても、いくらでも会話が生まれる。

幸せだ。

ありがとう。



話をしている間に、急に、「やっぱり、昔ながらの生活の知恵が生きていく上で役立つよね」

と、どちらからともなく言い出す。

「生きる原動力が詰まっているんじゃないか。」

「やっぱり、それを自然に取り入れている人が、こういった原発被害が広がった時、もし放射性物質を吸い込んだとして、ダメージが少なくて済む場合があるんだろうね。」

(これにも、誤解なさらないようにお願いします。これは、一部の場合の話として・・・)




ネット上で、大豆食品・本醸造の味噌、ミネラル分が多く含まれる自然塩、ヨウドが含まれている海草(また出たよ^^)などを普段から取入れていることが大切だ・・・とか。

汚染された水には、竹炭を浸して置いてから飲む。(備長炭、ヤシガラ活性炭でも良い)

日本全国には、放棄され荒れている竹林がたくさんある。

あと、水溶性ゼオライトを飲料水に混ぜて飲む。

そういえば、花の季節の変わる時期、花壇の土を耕す時、ゼオライトを土壌改良として土にすき込む。

鉢の中の古い土の中にに土壌改良としても入れる。

汚染された土壌には、ひまわりを植えると中和される。(先日、ブログの友達がコメントに入れてくださいました。)

やっぱり、自然塩も、土壌に良い効果を発揮するらしい。

自然界から私たちは沢山の恵みを頂いている。

その恵みが、いろんな効果を発揮するはずだ。

地球から、いや、宇宙全体から生まれたものは、その中からお互いを抑えあう(又は、助け合う)仲間があっても不思議ではない。

自然はそうやって生きてきたはず。

案外、ヒントはもっともっと沢山隠れているんだと思う。

元は、みんな同じ原子。

本当は、仲良くできるはずなのに、使い方を間違えてるから、マイナスに作用するんだろうな。

地球が出来立ての頃は、放射性物質が地球に降り注いでいたそう。(それとも覆われていたのかな?)

そこから、いろいろなものが生み出されていったそう。



これらの事が本当かどうか分からない。

私には難しいことはわからない。

しかし、人間が解き明かせない事がこの全宇宙には沢山ある。

わからない事だらけだ。

しかし、この自然の恵みを別途利用したのは、人間。

間違った使い方をしたのは人間。



みんなで何回でも謝ろう。


ごめんなさい!!




だから・・・少しでも自然に近づく為には、少しでも本当の事が知りたい。ちょっとでもいいから知りたい。

そして、私たち生き物本来持っている感覚を取り戻し、地球物質、宇宙物質と仲良くやっていきたい。




凄い取り止めの無い話にぶっ飛んでしまったね。^^

人類が今頃気付いても遅いのかな?

警告を発していた人たちがいたのに、今頃やっと気付き始めた人々。

気付いていても、気付かない振りをしていただけ。



本当にごめん!!
by mintogreen | 2011-03-28 02:05 | おしゃべりコーナー