緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

二ュージーランド・2

e0089001_2023492.jpg

           ネルソンに向かう可愛いプロペラ機
           飛行機の天井に頭がつっかえそうな
           美人のスチュワーデスさんの姿が
           忘れられません。

寒い冬が来ると、二ュージーランドが恋しくなる。
季節は日本と逆で、今はもう夏まっさかりってとこでしょうかね。
2月が真夏となります。
2月というと、二ュージーランド・南島最大の都市クライストチャーチは、まさに花に彩られる町となります。

1851年、イギリスからの入植者が住み着いて始まったこの町は、初期移住者たちの町作りの理想がそのまま生かされているため、今でも「イギリス以外に最もイギリスらしい町」といわれています。

毎年2月に開催されるガーデンシティ・フェスティバルは、町を挙げての一大イベントとして開催されます。花を愛する人たちは町中に花を咲かせる為、協力し合うのです。
その為のボランティアの方たちは、骨身を惜しみません。

私が訪れたのは、夏が終わり秋になった、とても過ごしやすい季節でした。
ですので、その時の様子を写真に収める事が出来ませんでした。
でも、晴れ渡る美しい青空をたっぷり堪能してまいりました。
そして、夏のなごりのお花たちが、道端にちらほらと・・・。
秋の花たちとバトンタッチし始めていました。


e0089001_20284422.jpg

           ネルソン・小高い丘の上から。

           二ュージーランドを二分した真ん中の印の鉄塔が、
           少し左側の小高い丘の上にたってます。
           小高い丘の上に家をたてるのが、外国からやって
           来て仕事に成功した人々による、ステータスだとか。
           高ければ、高い程、理想だそうです。
           もちろん、そういった考え方ばかりではありません。
           地元の人々は、マイペースでささやかな暮らしを
           大切にしています。
           

e0089001_20551860.jpg

           ネルソンの町を友達と散歩。
           町の人たちは、とても親切で心温かい人ばかりです。
           すれ違い様、気楽に声をかけて下さいます。
           
この、二ュージーランドのシリーズは、数少ない写真の中から少しずつUPして行きたいと思いますので、楽しみに待って居て下さいね。
by mintogreen | 2006-01-18 21:11 |