緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

雪景色

e0089001_2237417.jpg

八丈島は久しぶりの寒波に襲われた。
昨日は、みぞれまじりの雪が一日中続いた。

時々、ふわふわと大きなわた雪も降ったりした。
八丈富士にも、雪が・・・。
写真ではよく分からないが、雪が富士山全体を覆うのは本当に珍しい。
普通、雪が降っても頂上近くに積もる程度だ。
富士山と反対側にある、三原山にも今まで見た事の無い雪の積もり方。
写真に収めなかった事を、悔やむ。

今日は、午後からヴァイオリンのコンサートに行った。

    松野 迅
世界中をまわる、ヴァイオリニスト。
ストラディバリウスは彼の分身として・・・。
表現力豊かな演奏。
ユーモア溢れるトーク。
美しい表情と佇まい。
様々な音楽活動は、高い社会的評価を得ている。
彼の演奏は、やさしさに満ち溢れ、人が生きて行く喜び、切なさ、素晴らしさを全て肯定的に訴えかける。
人は恋をし、人は悩み、人は歩く。
ヴァイオリンの音色にのせて、人生を表現する。
彼のまなざしの先には、人がいる。

去年の暮れ、八丈島に「あびの実」主催のコンサートに訪れ、プラス一万人プロジェクトの事を知り、自費で是非応援したいとの申し出があり実現したコンサートだ。
総勢30人 (NPO ゆきわりそう・松野迅講演会の後援者の方々)を引き連れての来島になるはずだったが、悪天候の為、飛行機の欠航便が出た事によりピアノニストの方と、ソプラノ歌手の方と数名の方の来島でコンサートはちょんこめ作業所の主催で無事決行された。

(あびの実)      島の子どもたちに、生の舞台を見せようと発足した団体。

(ちょんこめ作業所) 障害者と健常者が共に社会と繫がるための自立支援作業所。

(プラス一万人プロジェクト) 東京・八丈間の航空運賃値下げを目指す為の期限付き搭乗者ア                  ップ・プラス一万人を実施中。特典付き。

八丈島は、地域で子どもを育てるという意識のもとに地域ぐるみの子育てを、障害者も社会参加を目的に支援していこうという意識が高い。
自分さえ良ければよいのでは無く、相手の立場に立ってものを考えていこうという気持ちが、自然と自分に出来る協力へと繋がっている。
そういう考えの輪は、自然と広がり手と手をつなぎ合う。
確かな繋がりは、人をやさしくする。

松野 迅。 
ヴァイオリンで、世界を繫ぐ

今日は、なんて素敵な日なんだろう。
by mintogreen | 2006-02-05 23:57 | 八丈島の風景