緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ラエ植物園

e0089001_21334784.jpg

真剣な眼差しで植物に見入る仲間たちと、日本人ガイドであるPNG在住の植物研究員の及川さんとPNGジャパンのスタッフ。

e0089001_21392984.jpg

これも、葉を写さないまま移動。
困ったものだ。


e0089001_2142374.jpg

これって、グロリオーサ?


e0089001_21442132.jpg

ガーベラでしょうね。


e0089001_21455913.jpg

ラエインターナショナルホテル内の旅人の木


「ラエの町」について・・・
かつては、このラエという町がドイツ時代の首都だったらしい。
ヨーロッパをはじめとする外国人の寄港地として、穏やかな海岸に面した都市、行政の中心であったらしい。
しかし、大戦後ポートモレスビーに首都が開かれると、経済・文化の落差が生じ、今ではラスカル(強盗)の天国となってしまっている。

しかし、ここに住む一般の人々は温厚で、親切な人たちだ。
こちらから微笑みかけると、とっびきりの笑顔が返ってくる。
だが、中には悪い奴もいるので油断はできないぞ。
町を歩く時は、必ず現地スタッフを雇う事。
さもなくば、・・・・持ってかれちゃうぞ~。

夜は、絶対外出禁止!
それを破ったら、恐い事に。

以上の事に気をつければ、緑の多い素敵なところだ。
植物の雄大さ、美しさはさすが・・・と唸るものがある。
ホテルのスタッフも、とても親切でおおらかだ。

気候は、亜熱帯特有の蒸し暑さはあるが、緑の中に入ってしまえばそこは天国。

では、今日はこの辺で・・・
by mintogreen | 2006-03-11 22:23 |