緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

パプアニューギニアの畑 (マダン)



ヤムイモ畑
e0089001_23424536.jpg

ヤムイモ、バナナ、キャッサバ、タロイモなどが植えられている畑。
案内人の方に説明を受けている。

e0089001_23453699.jpg

樹木を残し、盛り土をする事で雨滴対策をした作り方。

パプアニューギニアには、今も、伝統農耕が受け継がれている。
パプアニューギニアの人々は緑豊かな熱帯雨林を壊すことなく、畑を作り、それをまた森に返している。

森や大地に蓄えられてきた養分と森林の回復力を巧みに利用する自給的な焼畑農耕を守っている。
また、降雨量の多い傾斜地に畑を作る場合は、火入れを行なわず、葉の大きなサトイモ類などを植えている。

樹木を根こそぎ取り払うのではなく、切り株や幼木は残し、二次林への回復を考えた畑作りを行っている。


四角豆
e0089001_012170.jpg



バニラの畑
e0089001_0131158.jpg



バニラの実
e0089001_0144712.jpg



蝶々が・・・
e0089001_016363.jpg

by mintogreen | 2006-05-27 00:18 | 花とグリーン