緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ヨット・HINANOがやって来た!




                                               
e0089001_12405756.jpg

八丈島は、にぎやかなお盆も終わり、少し静かな夏になりました。
厳しい夏を乗り越え、静かな秋をそっと、待ちましょう。

やっぱり、まだヤダよ~!
夏を行かせるわけには行かないよ~!
暑いけど、八丈島の夏は気持ちいいんだも~ん。^^

島の夏を求めて、はるばる遠くからやってくる方々の為にも、まだまだ~♪
夏~、行っちゃダメ~~~!

今年の夏は暑かった!
いや、ただ暑いんじゃなくて、気持ちが燃えた! 熱かった~!

なぜかって?
それはやっぱり、HINANOがやって来たからさ~♪

さぁ! 一緒に太平洋に漕ぎ出そう~♪


ブログ友達 Hey! Manbowのmanbowさん      カッコイー!組長  女ども~惚れるなよ~。^^
e0089001_072950.jpg
 







HINANO号艇長  写真家・久我耕一 こーちゃんは、 とっても素敵なやさしい海賊 (もしかしたら、ジャックの友達かもしれない・・・。)
e0089001_018309.jpg









日焼け厳禁 美白の帝王 ハンサム月波さん(奥様とご一緒に美白に命を賭けているそう。^^)
何処からとも無く聞こえてくる口笛の音色は・・・月波さん・・・?    まぁ・・・うっとり・・・。
e0089001_0205173.jpg

へへ、ただ、日焼けは健康に悪いから、気をつけているだけ。^^








港を出発する時だけエンジンをかけ、風向きに合わせ、帆を張る。そして風に乗ったらエンジンを切り、進んでゆく。
ヨットはエコロジーで素晴らしいスポーツ!
e0089001_0355485.jpg

この、帆を張る瞬間が最高にわくわくする!  体中の細胞が感動する。
そして、遥かな海へ漕ぎ出す瞬間の、この儀式は・・・とても厳粛な気持ちになる。








帆を張る時の、男たちの勇敢な姿は、熱く情熱的だ。
ここに女の存在は必要ない。
男の真剣な自然との戦いの時間は、正確な読みと、体で覚え、身に付いた感に頼られる。
e0089001_0481793.jpg

息を凝らして、じっと見つめていると、遠い昔、こんな風景が自分の記憶の奥底に・・・確かにある・・・と感じさせられる。
なぜ、男はヨットに乗るのか・・・
少しだけわかったような気がした。









ただ静かに風に乗って進む・・・まわりは青い海が広がっているだけ・・・
e0089001_0435571.jpg

あ~、こうして海と一つになるんだ・・・。









決して、単調ではない自然    海は空とつながり   生きる者達に   ささやきかける
e0089001_151548.jpg

海を甘く見るんじゃない   そう簡単にはいかないぞ     今日のところは許してやろう








折り返し、港に向かう途中・・・
「おっ!あそこに見えるのはバーズじゃ~ないか~? 」 (manbowさんが、みっけ。^^)
e0089001_1105433.jpg

あのトタンの二階屋は、確かにバーズだ。










さぁ、そろそろ神港に到着だ。
e0089001_1155978.jpg









HINANO艇長殿、manbowさん、月波さん、(八丈島到着後、翌日飛行機で戻られた)Tさん、mintogreenは、この感激を、一生忘れる事はできません。
八丈島までお越しくださり、本当にありがとうございました。

ヨットの素晴らしさ、魅せられました。
私は、今度生まれ変わり、また女に生まれたとしても、体を鍛え、ヨットマンになります!!
その前に、買えるか?!って突っ込まれちゃいますね。^^

この度は、こーちゃんの御はからいで実現した、manbowさんとの初対面。本当にありがとうございました。
manbowさんは、ブログ上では悪ぶっていますが、本当のお姿は、紳士。
え?違うって、今、聞こえましたけど・・・。   本当ですよ~manbowさ~ん。^^
こんがりチーちゃんも、manbowさんのイカシぶりにはとても喜んでいました。
息子もmanbowさんの温かさに、都会での暮らしに安心感を感じた事でしょう。
子供達の事をやさしい眼差しで見つめてくださりありがとうございました。

こんな形でブログ友達に出会えるなんて、最高に素敵ですね。

8月11日のPM1時過ぎに房総半島を出港し、約20時間後のAM11時30分頃、HINANO号は神港に到着いたしました。
その日は、仕事先からPM5時頃港に伺い、末吉の見晴らしの湯にお連れしました。
6時半過ぎに、末吉を発ち、バーズで夕食会をしました。
八丈島の事を語れる、多牌さんをお誘いしての楽しい夕食会となりました。

綺麗どころには、用事のある方々ばかりで、ことごとく断られ、manbowさんには、ちょっと残念だとは思いましたが、わたくしに免じてお許し願いたく候。
素敵な声で、うっとりと語っていただきました。
断った方々~、来れば素敵なmanbowさんに会えたのにな~。^^

多牌さんは、一人旅の話、農の楽しみなど話題豊富で、皆さんと和気藹々と語り合っていただきました。突然の誘いにお応えいただきありがとうございました。
多牌さんの素晴らしさはかねがね友人から聞いており、その通りの爽やか青年。

こーちゃんは、ヨットで八丈島に訪れるのは6回目。世界90ヶ国をまわられた旅の話、写真の制作活動のお話が盛りだくさん。
明るく、やさしいこーちゃんのお陰で、今回の楽しい企画は大盛り上がりでした。
こーちゃん、最高!  子供達も素晴らしい経験をさせていただきました。本当にありがとうございました。

月波さんは、真面目一直線の家庭を大切になさっているナイスガイ、時々ソフトに語るお話は、為になるお話でした。やさしいお父さんです。

翌日帰られたTさんは、お酒が大好きでみんなのお話を楽しそうに聞いてくださっていました。
酔うほどにお茶目な、おじ様・・・お兄さんです!はい!  
でも、決めるとこは決める!真面目な方です。

皆様の経験豊かな人生の航海記を伺うことが出来、本当に楽しかったです!

今回は、コーチャンの奥様のつーせさんは、お留守番。
ヨットの旅は、いつも必ず一緒のお二人。
初めて離れ離れになった、コーチャンとつーせさん。
でも、女神tsuseが、今回の素晴らしい旅を見守りくださったのです。
今、あと数時間で房総半島に到着、三人のご無事を心待ちになさっていると思います。
つーせさん、ありがとうございました。
会える日を楽しみにしております。

人の縁は不思議です。
こうして、見ず知らずの人がネットという某体で心通わせ、愛おしさが湧き上がってくる・・・。
実際に会うと、ずっと以前からのお付き合いがあるかのような親しみを感じる。
これも、現代の出会い方なのかもしれない。
私は、この縁を大切にしていきたいと思います。
普段会える機会は本当に少ないかもしれませんが、ここに確実に流れる友情は温かい。

e0089001_20125225.jpg

このアバウトな昼飯が、海ご飯だ。
manbowさんが、板ずりにしてくださった新鮮な島ネリ(オクラ)は、体が喜ぶ島で人気の夏野菜。
この島ネリの美味しさは、八丈島ファンの間ではかなり浸透していて、お土産に大変喜ばれる。

おにぎりを入れてあるこの木製の器が素敵! 
これに、そうめんを入れたり、スパゲティを入れたり、大活躍するそうだ。
何処の国のものだったけ~? 忘れちゃった・・・コーチャン、教えて下さい。^^

ヨットは、人を海に浮かばせて遠い国まで連れて行ってくれる、人間が作った最高ののりもの。

               人間と海を繫ぐ素晴らしい天使。

























                                            
                          
by mintogreen | 2007-08-17 03:07 | 八丈島の風景