緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

裏窓から




ここからの風が涼しい
e0089001_0182824.jpg

前にも紹介しましたが、私の住むこの家は築79年・・・の古い家。
増改築を重ね、唯一そのままに近い状態で残っているのが、この部屋。
嫁いだ時には、囲炉裏があり、親戚の伯母や、近所の人達がが遊びに来ては、それを囲んだ。
今はその囲炉裏も塞ぎ、すっかり物置となってしまった。

それには、理由がある。
実は、シロアリ被害に遭い、床板を剥がし元をたどってみると、この隣の部屋の床下から上がってきて居る事がわかった。

昔、私が嫁ぐずっと前に養蚕をやっていたという。
その時、お蚕様は大切に扱われ、住人は隅の部屋に追いやられたという。
普段、畳がひいてある隣の部屋と、またその隣の畳の部屋は、その時期畳がすっきりと起こされる。
寒い冬などには、その部屋にある、お蚕様専用の火戸(掘りごたつのようなもの)では、炭が熾される。
隣の部屋の障子を開けると、炭がうず高く積まれ、ふんだんに使われたという。

その火戸をつたって来て、シロアリは家を食い荒らした。
シロアリ被害が無ければ、この部屋の囲炉裏は、まだ、使われていたであろう。

時代の流れと共に、変わりゆく生活スタイル。
この部屋の木の枠のガラス戸のレールは、今は、釘も所々抜けている。

暑い日は、風の流れを呼び込む為に、この窓を開ける。

ここもまた、ガラガラと手に伝わる過ぎた日の、思い出が甦る夏の裏窓

幼な子を、探し覗けば裏の土手、夢中で遊ぶ泥にまみれて

可愛さに、窓に身を寄せ息凝らし、笑い堪えしシャッターを切る

水遊び、裸のままで木に登り、眩しい笑顔今も変わらん




今日も、いい風が入ってきた・・・。
by mintogreen | 2007-09-04 01:06 | 八丈島の風景