緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

末吉自治会の花壇



6月24日(火)、末吉自治会の花壇の花植えが行われた。
e0089001_2149870.jpg

6月の初め花植えの予定だったが、台風が近づいたり、係りの人達の都合がつかなかったりと延び延びになっていた。
草取りと、土の手入れはバッチリ!二週間前に準備万端だった。
ようやく花を植えることが出来、みんなホッとした様子だ。

前面の空いている部分に、次の日(6月25日)ポーチュラカが植えられた。

07.11月に植え込んだ春花壇の花も少し残っているものがあった。
金魚草、レースラベンダー、スイートアリッサム。

一昨年前の夏のアメリカンブルーと、デュランタなどが、台風にもめげずに残り冬越しをした。

特に一際美しく銀色に輝き、ドーム状になっているのは、シルバーリーフの朝霧草だ。
これも、07、11月植えの春花壇用のものだ。
正直言って、ここまでいい状態で残るとは予想していなかった。

どちらかというと、一昨年夏花壇用のデュランタが確実に残ると計算したが、それは全くの誤算、台風でコテンパンにやられた。

あんな綺麗に夏花壇を彩ったライム色のデュランタは、見事なまで風でぐるぐるにねじ回され、どうにか残ったのは、5本程度。

しかし、また植えたいNO、1の植物である。
じつはめげずに6本だけ植えた。^^
あとは、クフエアで我慢した。
もっと植えたい!

今回のメインは、ペチュニアの小輪系のブリエッタと、エンジェルラベンダーと、ペンタスだ。
ブリエッタは、去年、一株で1mにも広がったのだ。
その下には、デンデン虫の住みかとなっていたが、葉っぱが食べられているような様子は無かった。
というより、あまりにも広がりすぎて、さすがのデンデン君も食べきれる量ではなかったのかな?^^

なんと言っても頼もしい花は、暑さ蒸れに強い夏の救世主とラベルに表示されているエンジェルラベンダーは、その言葉通りだ。
これは、自信をもって薦められる夏の花だ。

暑さ蒸れにはもちろん、丈夫で長持ち、少々の風には負けない。
台風対策には、目立たないように支柱を立ててやると良いと思う。

今年は、春の植物が残っているものが多いので、様子を見ながらとりあえず植え込んでみたが
まだ空いている場所が残っている。
後日花を追加注文してもらって、植える予定だ。

e0089001_22244129.jpg

ここは、傾斜のある台形の花壇だ。
後方に、末吉中学校の碑が立っている大事な場所だ。
ここには、次の日、HATからいただいたサルビアがたくさん植えられた。



e0089001_2229975.jpg

ここは、少し奥まった部分。
ここにはまだまだ植える余地がたくさん残されているので、サルビアファリナセアや、千日紅などを植えてみたい。

緑色の葉物をたくさん植えるのが好みだが、ここは公の花壇なので明るく華やかにした方がみんなが喜ぶと思う。

丈の高いものを植えたいが、なにせ風の凄い所であるため、これが限界かな。
失敗をしながら、ここに合うものを見つけて行く事がみんなの目標なので、色々試してみたい。

こんなに風当たりがひどい場所だが、何とか綺麗に咲いていられるのは、みんなの愛情。
めいめいが気が付いた時に、草を取ったり、花の手入れをしたり、目に見えない愛情が込められているのだ。

さぁ、これから、この花壇に花がいっぱい咲くぞ~♪

「綺麗だね~。」って、みんなに喜ばれるのがうれしいんだ~。

少しでもお手伝いができるなんて、幸せだ。
by mintogreen | 2008-06-28 22:54 | 花とグリーン