緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

水海山に行って・・・




友人と3人で、水海山に行った。
e0089001_2144366.jpg

都道の路肩に車を止め、集落跡の入り口に入った途端、ひんやりとした空気に包まれた。








山の入り口では、スダジイと呼ばれる巨木が迎えてくれる。
e0089001_21474142.jpg

何年もここの歴史を見続けてきた、水海山の主のような老木。








葉と葉が重なり合い、日差しを遮ってくれる。
e0089001_21505493.jpg










倒れた木に腰をかけていると、シダの香り・・・腐葉土の香りが体に滲みこむようだ。
e0089001_21525349.jpg

いたる所に伸び伸びと自生しているシダは、この肥沃な土の上で何も疑うことなく静かに葉を揺らす。









横たわる倒木は新しい生命と絡みあい、土と同化する前の共生の美を繰り広げている。
e0089001_21595947.jpg

自然の美しさにはかなわない。










ごめんください・・・   今から山の中に入ってもいいですか・・・?
e0089001_2272686.jpg

「いいとも・・・」


ここからカメラを置いて、水海山の峰をずっと歩いてみた。

鳥は私達を恐がる事も無く、近くまで来てはさえずっている。

何故、こんなに近づいて来るのか、3人とも不思議でならなかった。




「何しに来たの?」

「お願いだから、これ以上木を切り倒さないで。」

「どうか、お願いだから・・・。」




山に入ると、山の人になり、山の声が聞こえる。

kちゃんが、木に耳をあてて聞いている・・・。

木の生命の音が聞こえる。

古い木からは音が聞こえづらい。

森の営みは、人間が想像する以上の生命を育み、水を貯め込み、島全体海までもを支えているのだろう。

命を育む水、その水を育てる森、大切に守って欲しい。



水海山から、ポットホールに行きお昼を食べた。
e0089001_22322434.jpg









トマトは冷たい水の上にぷかりと浮いた。
e0089001_22341239.jpg

水の中に足を入れると、まるで天国だ~♪
by mintogreen | 2008-07-29 22:49 | 八丈島の風景