緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

末吉集落を眺めながら



私達は知っておかなければならないことがあります。


末吉から登龍峠に向かう途中、末吉集落の一部が望めます。
e0089001_21282482.jpg


この道を、どんどん上がって行くと水海山集落跡があります。
その水海山集落跡の高さは、三原山の六合目当たります。

三原山の六合目に当たる水海山に、ゴミの最終処分場が出来ることを想像してみてください。
水源よりもずっと高い場所に、ゴミ焼却灰を埋め立てるのです。
その処分場の容積は、5万立方メートル弱。


何よりも気がかりなのは、大切な水瓶であろう水海山に蓋をしてしまうことです。
その為に、緑豊かな森の多くの木が切り倒されて無くなってしまうのです。
木を取り払い蓋をしてしまった影響は、意外にも早く想像以上の被害をもたらすのではないでしょうか。

そして、水質・飛散する焼却灰の影響はいずれ問題となるでしょう。
それは、何処に造ろうとも同じだと思います。

今、豊かな水を当たり前のようにいただいている私達。
これが当たり前では無くなるとしたら。
今、考えておかなければならない事があるはずです。

水のこと、ゴミのこと、子供達に伝えていかなければならないこと、一緒に考えてみませんか。


是非、このブログを御覧下さい。
きくち こうすけ君のブログ


是非、この集いにご参加ください。
「水海山の自然と処分場を考える集い」 8月6日(水曜日) 大賀郷公民館 19時~21時半
by mintogreen | 2008-08-01 00:01 | 八丈島の風景