緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:美味しい、嬉しい!( 165 )

今日の料理

e0089001_20493946.jpg

            「あかば」という魚。正しい名前は分からない。

腹を開けて、すぐ料理できるようにしてから頂いた感謝の一品。
それを、頭、洞、尾とぶつ切りにし、味噌汁に。
私が小さい頃は、「今日もアカバの味噌汁~?」と、ちょっぴり不満そうに言ったものだが、今や「あかば」は高級魚。
滅多に口に入る事は無い。
店で、高いお金を出せば別だが。

e0089001_21265854.jpg

            ざばざば~! ゴボゴボ~! 食っちゃうぞ~!

綺麗な、透き通るような白い肌。
キメの細かさは正しくアジアンビューティー。
口に入れた時、その絹目の身は全く逆らう事を諦め、ただ、のど奥へと滑り込んで行く。
生姜の香りは、宴の序曲となり次の幕をつなぐ。



e0089001_2139169.jpg

            ぎゃ~~~! 化け物~~~! 「マグロの兜煮」

っていうか、何だか分からない?って?
そう、ただただ、グロ・・・。
こんなもん、食べられな~い!って言わないで食べてみて!
特に美味いのが、めんたま!
何が美味いって、めんたま!
私、ここゲットしたら、他いいわ。ホント。
(他も実は、ちょっと食べてた。おおげさに言いたかっただけなのよ。)
まず、目のまわりをぐるりとくり抜く事からスタートしてみよう。
そして、ひとくち口の中へと運んでみる。
トゥル、トゥル~ポニョリン、もにょもにょ、ゴックン! うま~~~~!!
もう、もう、いい! ィィヵラ、ハナシヵヶナィデ・・・。

ってな、感じ。 いかが?

さあ~~!夕ご飯も終わった事だし、明日の為に今日は早く寝るぞ~~~!
何故かって?
だって、明日は国会証人喚問をじ~~~くりっと見るんだもん。
でも、おかしいわねぇ。 変よねぇ。
ホリモエン?
やっぱりなっ!そういう事ね。
明日の今日。
ミエミエで~す。明日のニュースにしたいんでしょ? ホリモエン?
字の順序が逆って?
いいのいいの、今の日本はみ~んな逆!(笑い)
明日が楽しみ~!
みんな~!(テレビ見る時間ある人)しっかりと見ようぜ!
国民をバカにしたら、だめよん。

雪国の被害も気になるし、本当に毎日大変な作業と心労、遠くからお見舞い申し上げます。
あの事も、この事も気になります。
自分に出来る事は、今日を真面目にしっかりと生きてゆくこと。             合掌
by mintogreen | 2006-01-16 22:24 | 美味しい、嬉しい!

今日は島寿司!

e0089001_234087.jpg

        めじなの浸け  北海道のホタテ貝  市販の寿司えび

八丈島の美味いものといえば・・・

くさや  明日葉  島寿司  里芋  焼酎  山下の手作りラーメン  黄八丈サブレ
八丈バター  手作り塩辛  新鮮な魚 etc・・・

これは、私の好みであげさせてもらったが、本当は島に来て島の風にふかれながら食せば、地元のものは、なんでも美味い!

お酒が大好きな方には、是非味わっていただきたいのが、地酒島の焼酎。
飲んだら病みつきになる逸品。
すっきりとした味わい、焼酎くささが気にならない。
ちょっと、くせがあるものがお好きな方にも、お勧めあり。

その、焼酎に合うのが、くさやだ!
臭い物がお嫌いな方には、ご遠慮頂く事になるが、これまた味をしめたら病みつきに・・・。^^
くさやとは、ナンプラーをひどくした匂いとOOOの匂いと+++をミックスした、そりゃ~いい香りさ~。
それに耐えうる人だけに許される高級な特権食といえよう。
そして一緒に頂くのが、明日葉のお浸しと天ぷらだ。
体にとても良い栄養満点の薬草だ。

そして、島魚の刺身、小腹が空いたら島寿司といこう。
ついでに、飛び魚のすり身団子の澄まし汁も一緒にいかがかな。
磯の香りに包まれる、これまた滋養たっっぷりの海の恵み。

まだあるのだが、この辺で、また今度。

今日の家の夕食は、もちろん夕べ下ろしておいた「めじな」の寿司。
今日、仕事から帰って来て大急ぎで寿司だねを切った。
薄く美味しそうに切るのがコツ。
それを醤油に短時間(20分~30分)浸け込む。
少し醤油を切ってから乗せる。
その時、ワサビではなくからしをちょっとつけるのだ。
ええっとお思いでしょうが、これが島流。
ホタテと海老には、もちろんわさびで。

うん、冬の寒さで、ほんのりと油が乗っためじなは格別。
by mintogreen | 2006-01-13 00:38 | 美味しい、嬉しい!

めじなを捌いたぞ~!

e0089001_21363211.jpg

              鱗をはがされた、めじなさん

八丈島といえば、釣り。
島の釣りといえば、カンパチ、メジナ、石鯛、etc・・・

漁業で生計を立てている住民も少なくない。
以前から、比べると漁師の数も減った。

後継者が減ってきた事も大きな理由だが、第一の魚が減ってきた。
量が安定して獲れる時と獲れない時がその年で大分違ってきた。
育てながら、獲るという事をしない、つけがまわって来たようだ。
しかし、それだけでも無さそうだ。
水温の変化? 魚の餌となる海草が減ってきたのもその影響か。
人間が生み出す、生活排水?
なにかしらの影響が、確実に島の生態系を狂わせている。
が、あきらめるのはまだ早い。
努力によっては、呼び戻せることも可能だろう。

三宅島の噴火後、住民が一斉に非難の為島を離れて、数年後、海が生き返ったと聞く。
多くの釣り客が、今、三宅に向かうという。
様々な海の生き物たちが、竜宮城のごとく舞泳いで居る事だろう。
人間にとって辛い自然災害が、自然界を生まれ変わらせてしまった。
今やっと、特別地区を除いて帰宅をゆるされた。
しかし、やり直すにはあまりにも問題が山済みで、そのまま、東京や八丈の土地で生活を余儀なくされる方々多く、地元で暮らす方は、それ相当の覚悟で帰島を決意したに違いない。
隣の島の住民として、心から励まし、頑張って行かれる事を願うばかりだ。

八丈島は、釣り人にとっては魅力的な島である事は変わりない。
三宅島と八丈島の間には黒潮という海流の影響で漁場としては最高だ。
先程記述した事は事実ではあるが、釣りを楽しむにはまだまだ良いポイントがある穴場といえる。

今日は、「メジナ」 と言う魚を頂いたので、思いっきり鱗を剥がし、腹を開き、三枚に下ろして置いた。
明日は、島寿司だぞ~! 旨いぞ~! 食べに来~い!
by mintogreen | 2006-01-11 22:38 | 美味しい、嬉しい!

七草粥

「空いてる所に、何、植えようかな~・・・。」と考えてる所をパチりとやられた。
おい!誰だ?

e0089001_2036139.jpg

昨日は、七草。
連日のお正月、成人式と続きご馳走ずくめで、体は味のしないもの、薄味のものしか要求しなくなった。

もうここら辺で・・・という時に、正月七日の七草粥。 先人たちの知恵には頭が下がる。
家ではすでに六日から、そういうモードになってしまい、六日には麦雑炊なるものを夕食とした。

麦、里芋、アザミの新芽、手に入れば、しただみという貝、生姜を、味噌を隠し味にあっさりと煮込む。
見た目は良くないが、昔ながらの消化を助ける最高の島の味。
これがあれば、おかずなど要らぬ。
体がほっ~と、息をする。

そして、七日。 
春の七草をカタログで注文しておいた妹が作ってくれた。
いつもは、家にあるもので間に合わせるのだが、たまたまカタログで見つけたらしい。
まっ、たまにはいいか。
うっすらと、やさしい野菜の味がする。

「美味しいよ!」

「味、薄すぎない?」

「ううん、この薄さがちょうどいい・・・美味しい。」

ありがとう。 その気持ちが嬉しいんだよ。

そして、今日八日。
またまた、普通のお粥さん。^^
うふふ、好きなの。
今日は塩を利かせて、美味しい~~~!!

ようやく、体が元どうりになりそう。

イヤッホ~!
by mintogreen | 2006-01-08 21:18 | 美味しい、嬉しい!

今年も出来ちゃったよ、美味しいもの。

e0089001_2054398.jpg
ふとしたきっかけで、梅干を作り始めた。

今年も、うまい具合に出来たぞ。

夏は梅干なしでは、乗り切れない。
いっぱい汗をかいたら、お口の中に梅干ポン!
すっぱくて、しょっぱい私の梅干。

涼しくなったこの頃は、あったかいお茶をふ~ふ~しながら・・・。
うん・・・、身体が喜んでいる。

私もこれで、大人の仲間入り。
(おばさんが、よく言うよって言わないで。)
うふふ。いい気分。
大人って、素敵なことね。
by mintogreen | 2005-12-05 21:19 | 美味しい、嬉しい!