緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:旅( 77 )

パプアの女




バタフライファームで出合った、なんともカラフルなおしゃれさん。
e0089001_23593526.jpg

あんまり素敵だったので、後姿も撮らせてもらった。
e0089001_092463.jpg

頭から背負っているのは、パプアの伝統的な万能袋「ビルム」。
樹木の繊維を撚り合わせて糸をつくり、それを編んで袋状の編み袋にする。

とにかくおしゃれで便利。
なんでも入れる、入れる。
農作物だけではなく、パプアの人が大事にしているブタ、犬、ときには人間の赤ん坊さえも家畜と一緒に入れて運ぶ事も。
by mintogreen | 2006-06-01 00:10 |

PNG・マダンリゾートホテルの庭で

イクソラ・コッキネア  
    (えるだまさんに教えて頂きました。)
e0089001_23462473.jpg

e0089001_2347056.jpg



この橋の奥に見えるの建物がホテルの部屋
e0089001_235233100.jpg



緑あふれるホテルの庭
e0089001_051177.jpg


マダンでは、海辺の風景の美しさを肌で感じることができた。
そして、ブッシュウォーキングの森の中ではとても素敵な時間を過ごすことが出来た。

森を歩きながら、案内人の一人がハミングを始めた。
それを聞いた私は、「I like reggae・・・」とささやいてみた。
すると、きれいな声でレゲエを歌い始めてくれたのだった。

この森を起こさないように、静かなやさしい歌声だった。
時々大きく伸ばしながら出す声は、自然界の鳥のさえずりと変わらない声であって決して森を揺るがすものではなかった。

ここに来られた喜びが、また胸をいっぱいにした。

その歌に合わせ、私も途中からハモってみる。
もちろん、私はレゲエなんてもっぱら聞くだけで歌った事などない。

不思議と息が合ってしまうのは、ひと時でもこの大自然の中で自分もその一部となってしまった・・・と言う事なのだろうか。

I love PAPUA!
by mintogreen | 2006-05-16 01:08 |

フルーツコウモリがたくさん!

ほう~、変わった木だな~。
e0089001_23412080.jpg


と、よ~く見てみると・・・
e0089001_23424194.jpg


フルーツを食べて生きているという。
e0089001_23433525.jpg


飛んだぞ。
e0089001_23465931.jpg



パプアではフルーツコウモリをスープにして食する。


これらの写真は、それぞれ別々の場所で写しました。
by mintogreen | 2006-05-11 23:54 |

マダン  睡蓮の池

人食いワニが住んでいる池
e0089001_2254047.jpg



咲いている
e0089001_22543967.jpg



白い花
e0089001_22551432.jpg



池のほとりでくつろぐ人
e0089001_22564642.jpg

by mintogreen | 2006-05-04 23:05 |

マダンリゾートホテルの風景

何故、この日の夕食の写真が無いのだろうと考えたら・・・。

確かこの日は、御前・午後とハードなスケジュールに暑さも加わり、一日の行程を終えホテルでシャワーを浴びるとホッとしたのか、疲れがどっと出てしまった。。

少し頭痛も始まり、夕食を楽しむ元気はとうとう戻らず、みんなには申し訳ないがベッドにもぐり込み休ませてもらう事にした。

ウトウトしながら、野外レストランからの楽しそうな笑い声を子守唄がわりにしていると、ノックをする音が聞こえた。

まどろみの中、ようやく起き上がりドアの外に向かって返事をすると、ボーイさんが、わざわざ夕食を届けに来てくださった。

「OH~! Thank you very much!!]
おもいっきり、感激してしまった。

優しい笑顔のボーイさんは、テーブルの上にディナーを並べ、いたわりの気持ちを含んだ飛びっきりの笑顔で、
「どういたしまして!」

あ~、パプア、ブラボー!!

しかし、食べれない・・・。   あ・ぁ・・・頭が・・痛い・・・っ。

疲れすぎると、食事がとれない私は、時々、寝るのがご馳走となってしまうのだ。

おもいやり溢れるホテルの対応に感謝の気持ちはいっぱいに満ち満ちたが、食べる事が出来ない自分が情けなくなった。

少しでも食べる事が出来たなら、この配慮に応える事ができるものを・・・。

だめだ・・・。

泣きたいのを我慢して、ベッドにもぐり込んだ。

e0089001_22445460.jpg

翌朝、ボーイさんは食事の後片付けに来てくださった。

「I`m sorry!]

何度も誤ると、優しいまなざしで、

「気にしないで、大丈夫、大丈夫。」
と・・・。

また、ジンときた。



ホテルのロビーから部屋へと通ずる途中の橋。
e0089001_22594127.jpg




ロビーから、部屋へと通ずる小道
e0089001_23102845.jpg




ホテルの朝食。
この他、トースト、生野菜サラダ、コーヒー。
e0089001_2316142.jpg




朝食には、野菜たっぷり、フルーツたっぷり。
e0089001_23184554.jpg

by mintogreen | 2006-05-01 23:19 |

パプアの村と学校

とても人なつっこい村の子供達。
可愛くて、思わず抱きしめたくなる。
e0089001_0491759.jpg



この日、一緒に行動した新婚さん。
彼らも、とても感激していた。
e0089001_053484.jpg



村でもてなしを受けました。
質素ではあるが、とても美味しい村の普段の食事。
e0089001_0554593.jpg



ホーローの器に無造作に盛られた食事。
それが何ともいえず美味しい。
青菜がたっぷり入ったスープは、おかわりしてしまった。
何か、小動物のようなものが入っていたような。(ギョッ)入っていなかったような。(笑)
全然、OK!
e0089001_0582188.jpg

by mintogreen | 2006-04-29 01:06 |

森の風景

e0089001_050692.jpg

寂しそうな木



e0089001_0515194.jpg

蟻の巣、発見



e0089001_0531394.jpg

森を見上げる



e0089001_057947.jpg

生姜の仲間、みっけ



e0089001_059123.jpg

パプアの男



e0089001_11136.jpg

ジャパニーズ侍  欽司


森のなかで・・・

静かに眠る森の中を、足音をしのばせながら歩いた。

時々、日の光を受けながら落ち葉を踏みしめる音だけが聞こえる。

案内人の一人が、木に絡まったシダの葉を言葉も無く剥がし取る。

欽司にすっと近づくと、おもむろに額に巻きつけた。

その姿を黙って眺めていると、今度は腕にはまるで鳥の羽のような植物を

すっと挿す。

「ジャパニーズ 侍。」

と一言。

パプア、なんて素敵な人たち。


また歩き出きだした。

ほどなくすると・・・

「静かに!」

案内の人が、高い、高い木の上の方を指を差す。

   極楽鳥だ!

地元の人も、めったに見ることが出来ない、野生の極楽鳥。

なんと、幸運なんだろう。

パプアに来る楽しみとして、極楽鳥を見ること・・・。

しかし、無理だろうとあきらめていた。

それを、本当に見ることが出来るなんて。

尾は、長い薄茶色の種類だ。

私たちは、息をする事もいけないような気持ちで見入った。

まもなく、高い木々の間をすり抜け飛んでいった。

まぼろしではなかった。

感謝したい気持ちで胸がいっぱいになった。
by mintogreen | 2006-04-24 01:33 |

こども達

e0089001_23473072.jpg

お目めくりくり



e0089001_23494966.jpg

道で出会ったこども達



e0089001_23513014.jpg

小学校の庭で



e0089001_235318100.jpg

小学校の教室



e0089001_23544713.jpg

まだまだ子供と思っている、チーとナナ。とうとう、追いかけっこが始まった
by mintogreen | 2006-04-20 23:57 |

森の中へ

e0089001_22373677.jpg

ずっと続く森を見下ろして。


e0089001_22401640.jpg

「ここからは、大きな声を出さないで・・・。 この森は静かにねむっているのだから・・・。」

と説明され、軽いアップダウンを繰り返す道をみんな静かに歩く。
このブッシュウォークでは、日本からの新婚さんとホテルにて合流。
みんな、すぐに意気投合。まるで以前からの知り合いだったような・・・。

案内人が、いつの間にか増えてくる。
あれ、あら、こんなに大勢になっちゃった。


e0089001_2251086.jpg

あら、ラエで見た木と同じかなぁ。
e0089001_22522089.jpg

森の中を歩く途中、時々明るい場所に出る。


e0089001_22574814.jpg

バニラが木に絡んでいます。
パプアはバニラの栽培も盛んです。


e0089001_230066.jpg

深い森へと行く途中バナナの木みっけ。

著名なバナナ研究者シモンズによると、ニューギニア島のバナナの種類数は世界一多いと記しているそう。

森の中を歩く地元の案内人たちは、何やら口の中でクチャクチャさせている。
よく見ると・・・、「ぎゃ、歯茎から血が・・・!」
と思ったら、ベーテルチューイングと呼ばれる軽い興奮を催し、精神を高揚させる作用のある植物を口の中で噛んでいるのだった。
ビンロウヤシの核とこしょうの仲間のキンマの花穂に石灰をまぶし、それを一緒に噛む。
それが口の中で、ペースト状になったものを吐き出すものだから、一瞬血痕が・・・と思うが心配ない。
彼らの「PNGビーア」と呼ばれる大好きな嗜好品なのだから。
by mintogreen | 2006-04-16 23:26 |

バタフライ・ファームの植物

e0089001_22401280.jpg

インド桜だと思われるのですが・・・。


e0089001_22415185.jpg

何の実? 教えて下さい。


e0089001_22442392.jpg

                カトレアの仲間でしょうか。


e0089001_22455082.jpg

パパイヤ・・・まだ食べられないね・・・。


e0089001_22473915.jpg

クワズイモの仲間
葉っぱに触覚が・・・。       違うって・・・。^^


e0089001_2250510.jpg

バタフライファームでは多くの蝶を見る事が出来たが、すばしっこくてシャッターチャンスを何度も逃し、唯一写す事が出来た貴重な蝶。
e0089001_22534194.jpg

蝶たちは、私たちの来訪を喜んでくれているのか、迷惑に思っているのか、まるで私達をおもしろがるかのように、飛び回りながら何処かへ姿を隠す。

そうしたかと思うと、また、何処からともなく現れる。

止まっていてはくれない。

飛んでいる姿は本当に軽やかで美しかった。

それで良かった。
by mintogreen | 2006-04-11 23:02 |