緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

大根サラダと豚モツ鍋はいかが?


もうすぐ2月になりますね。
寒さも一段と厳しくなるこんな時は、体を温めてくれる根菜をしっかりと摂りましょうね。

我が家は、大根大好き家族です。

千切り大根の味噌汁、厚切り大根の煮物(醤油・砂糖)、大根おろし、切干大根、おでんの中の厚切り大根・・・
などなど、大根だったら毎日でも食べたい位、大好きです。

なかでも、困ったときの一品、早業で出来ちゃうものといったら、大根サラダ。
大根を薄い輪切りにし、それをタッタッタッ~と千切りにして、水菜をザバザバ洗ったらザクザク切って
油揚げをお湯で揉み洗いしたら、出来るだけ細切りに・・・

はい、出来上がり!!^^
e0089001_20525730.jpg

うわ!大根が見えんぞい!
わはははは♪

ポン酢をかけて、シャキシャキ食べよう♪


そしたら、メインは熱々の、これ!
鍋ごとド~ン!!
モツ鍋です♪
e0089001_20554375.jpg

ありゃま!
今度は湯気で、見づらいわい!!

市販の豚味噌煮込みモツを鍋の中にぶち込んでグツグツ煮たら、豚肉、ニラ、ネギ、ピーマンをザクザク切って
それもみ~んな、入れちゃえ、入れちゃえ~♪

さぁ!煮えたかな。^^

はふはふ、あちち、うま~~~!^^

あったまるね~。うんうん。^^
by mintogreen | 2008-01-30 21:15 | 美味しい、嬉しい!

枕猫



えへへ、ちょっと恥ずかしい~けど紹介させてくださいね~。^^

このあいだのんぶらりで、「お昼寝枕」を買っちゃいました。

これです。
e0089001_21561344.jpg


えへ、このお昼寝枕、前から欲しかったんです。
「このご時勢にお昼寝なんかけしからん!!」
なんて、怒らないで下さいね。

時々仕事が休みで忙しくない日は、お昼寝タイムがうれしい~のだ。ふふふ。
なんといっても、ちょこっと休むと体が復活するし・・・
やっぱりお昼寝に魅力を感じる私です。^^


私の周りには、お昼寝したく無い派もいますが、お昼寝好き派も大勢います。
あと、夕ご飯のあとの炬燵でぬくぬく暖まって、うたた寝なんていうのも、ぐふふです。^^
そんな時、この枕が大活躍!

以前、のんぶらりに羊のお昼寝枕があったけど、すぐに売り切れてしまい涙を呑んだ事が・・・。
この猫ちゃんを見つけた時は、大喜び♪しちゃいました。

ラベンダーの香りが内蔵されていて、顔をつけるといい香り・・・。
あんまりかわいいので、ぎゅ~ってだっこして、いいこいいこしていると、目の前に座っている人が
「平気かな~・・・?」と、ボソッとつぶやきます。^^


この尻尾が、ピョコリンってしているところが特にかわいいんです。
遊びに来た友達も、やっぱりぎゅ~っとだっこして
「この尻尾がかわいいね~。ピョコピョコ!」
なんてやってます。^^

今、この記事書きながら、だんだん自分が怪しい人に感じてきた。ははは。^^

でも、このふわふわの感触が私達を気持ちい~い気分にさせてくれるんだな~・・・。
片手でだっこなんかしてると、子供になったような気分にもなれるし・・・。
布団に一緒に寝たりなんかしたら・・・

う、ますます危ない!!危ないっすね~~~!

ま、いいか。^^
by mintogreen | 2008-01-28 23:06 | 好きなもの

緋寒桜満開!


2月を前に、八丈島もぐんと冷え込んできました。
この寒さの中で、一際美しく咲いている緋寒桜。
e0089001_23234822.jpg

いつもブログを見てくれている友人から・・・
「三根に、桜が綺麗に咲いているお宅があるから写真を撮りに行けば~♪」
と電話があった。

ありがと~♪
近くに用事があったので、さっそく教えてもらったお宅に伺った。

電話では聞いていたけど、あまりの見事さに圧倒されました。
e0089001_2329177.jpg






綺麗で、かわいくって、夢中で写しました。
e0089001_23343654.jpg






もう少し近づいてみよう♪
e0089001_23375196.jpg

まるで一本の木に、ピンクのドレスを風に揺らす天使が、連なっているようにみえた。







急いで家に帰る途中、天使の階段を発見!

e0089001_011814.jpg

う~、寒いよ~!凍え死んじゃうよ!ぶるぶるぶる~!
風に飛ばされないように、電柱の影に張り付いて、カシャ!^^

海面が、選ばれた場所であるかのように、眩しいほどにキラキラと輝いていた。
どうぞ、この美しい地球が永遠に失われることがありませんように・・・
by mintogreen | 2008-01-26 00:03 | 花とグリーン

ボサボサという猫



実家には、今、4匹の猫が住みついている。

小さな赤ちゃん猫の時、母猫に置いていかれた体の弱かったチビと、これまた赤ちゃんの時からいつの間にか居て、時々脱走するタックン。
すっかり家猫になってしまったこの二匹。

そして大人になってから何処からとも無くふらりと現れ、餌を与えているうちに、追い出せなくなった外猫が二匹。

この4匹の他に、近所の猫も時々遊びに来ている。

猫の世界もいろいろあるようで、私が実家に顔を出すたびに、母から・・・妹から・・・猫報告がある。

私は、この家に住みついた猫の順番から、どの猫が一番弱虫で、どの猫が強いのかも知っている。
この猫とこの猫は仲良しで、母との散歩を楽しみにしていて、行き先を告げると、どこからとも無く現れついて来るのも知っている。

私が4匹の猫の性格から今までの流れのほとんど把握しているのに、母は、時々やけに張り切って最初から説明しようとする。

「あの・・・、私、存じておりますが・・・。」

やれやれ・・・まだ、おボケになられてはこまるんだけど・・・
と、少し心配になりながら、嬉しそうに話す母の顔を見ると、呆れながらもかわいい人だと思い
私は妹に、ちらっと目配せをする。

この中の、ボサボサと名付けられた猫が、この家の住人に言わせると、私の飼い猫という事になっている。

ある日、妹が
「凄い猫がいるんだ!ちょっと、来て見て!」
この猫が現れた時、一瞬顔が引きつるほど驚いたと妹は私に報告した。
私も、このボサボサを初めて見た時、さすがに怖くなった。

どこからやってきたのかも、こんなに汚れているのは何故なのか、皆目見当がつかなかった。

初めは、テラスのコンクリートのうえで・・
次は、茶の間の掃きだしの前で、ただじっと座っている。
座ると言っても、、まともに座ることは、できなかった。

か細い足は、毛が少ないのか、骨に皮が貼り対いているだけなのか・・・こんなでよく歩けるものだとも思った。

目の周りには、まともに毛も生えていないようで、つりあがった目は、皮だけになり腫れ上がって見えた。
手、足、胸の毛は、何か油の中にでも放り込まれたのではないかという位、茶色く汚れて束になっていた。
耳の中は、茶色の汚れがべっとりと付いて乾いていた。

何故、この家に来たのだろう。

じっと見ていると、涙が出てきた。
何故だか分からない。
何かが、す~っと入ってきたような。

この猫をこのままほうって置くわけにはいかなかった。

ただ、正直言ってその時、撫でてやることは出来なかった。
あまりにも汚れていて、さわっただけで、こちらが病気になりそうなくらいひどい状態だった。

撫でてやるが出来ないことは、勘弁してもらった。

そして、母と妹にご飯を食べさせてもらえるように頼んだ。
こうしてこの猫は、私のボサボサということになったらしい。

今は、すっかり上手く座ることも出来るようになったし、毛も猫らしくかろうじてふわふわと風に揺れるようになった。
目を開けても、普通の猫と変わらない顔つきになり、なんといっても、撫でることができるようになった。
母には、足にすりよって甘えるようになった。
しかしまだ、どこかで人間を警戒している。

そばに近づいて
「ボサボサ~・・」
と呼んでみる。
「にゃ~・・」
とか細い声で返事をする。

しかし、撫でるのはちょっとまだ怖い。
撫でたあと、手を洗うという失礼な事を、私達はもちろんあの母までもするのだからよっぽどのことだ。
これには、妹と私は顔を見合わせ笑ってしまう。
かわいそうだが、仕方ない。
しかし、シャンプーはして上げられないが、ご飯を食べさせ撫でるだけで、こんなかわいい猫になるなんて。

あいかわらずボサボサでも嬉しいことだ。
もっと、ふさふさになったら、改名しないとな、ボサボサ。

今日も、ボサボサは暖かい陽だまりを見つけて、じっとすわったまま目をとじている。
e0089001_21403341.jpg

この家に居てくれるだけでいいんだ。                 

ボサボサ~・・・

にゃ~・・・

何故ボサボサがここに居るのか、何となくわかってきた・・・。
by mintogreen | 2008-01-23 22:32 | 人間・生き物達

冬の枝



すっかり葉を落とした、つるばらの枝。
e0089001_2004478.jpg







冷たい雨の切れ間に、外をみると・・・
e0089001_204841.jpg

雨のつぶつぶが、きらきらと、輝くガラス玉のように連なっていた。







そのみずみずしさに誘われてサンダルを履くと、表に出た。
e0089001_2010236.jpg

この枝に、たくさんの花を咲かせるよ・・・と、約束してくれた。
by mintogreen | 2008-01-22 20:15 | 花とグリーン

ハンバご飯、いただきま~す♪



ハンバノリをいただきました。
今日頂いたハンバノリは、10cmくらいの長さのちょっと細めで柔らかくて、最高品質です!
e0089001_20232945.jpg

ハバノリの事を、八丈島ではハンバノリと呼んでいます。
日本の磯辺に多く自生しているハバノリ。
乾燥させたものをサッと炙って、醤油をつけて食べるのは、おつまみ風。美味しいですね。
揉み海苔みたいにご飯の上に散らしてシラスと一緒に食べると、湘南風♪




おや!  ヒラミ(貝)にくっついているやつ、見っけ♪
うにゅうにゅ・・・  こんなのが陸を歩いてたら、ビックリするだろうな~。^^
e0089001_20333685.jpg






ここが、イシヅキです。
食べる時、ここが気になるので、丁寧に取ってしまいます。
e0089001_20355475.jpg






食べやすい長さに切ったら・・・
さぁ、炒めてみましょう。
あらあら、緑色に変わってきましたね~。
e0089001_20373043.jpg






すっかり炒まりましたよ。 すっかり緑色に変わってしまいました。
湯気で、カメラのレンズが曇ってしまいました~。^^こりゃまずいっすね!
e0089001_20394165.jpg







さぁ、ハンバご飯の出来上がり~♪
e0089001_20415618.jpg

何故、また茶色になったの?って・・・?^^

酒と塩と醤油で味付けしたからさ。
濃いめに味付けしたほうが、美味しいと思います。

では、いっただきま~~~す♪
by mintogreen | 2008-01-20 20:57 | 美味しい、嬉しい!

ワイルドストロベリー



初めての挑戦!
ワイルドストロベリーを育てています。

花が咲きました~♪
e0089001_2105772.jpg






近づいてみましょうね。

こんにちは。^^
はじめまして。
e0089001_2115797.jpg

黄色くて、ピョーンと伸びているのが雄しべ・・
ポコポコ、ツブツブが雌しべ・・・ここが苺の実になるところらしい♪

あ~、も~、楽しみ~♪
イッヒッヒ、ウッフッフ、ほっほっほ・・・

ワイルドストロベリーって、ランナーがにゅ~って伸びてきて、子苗が出来るんだ~。
その子苗を増やしていけば・・・。
みんなに配れるほど出来るかな~?
なんて、獲らぬ狸の皮算用ってなことにならないよう、あんまり欲をかかないことにしよう。

今日は、夕飯後、激しいみぞれが降ってきたので、急いで軒下に避難させました。
お陰で、私はびしょ濡れ。
家に入って程なくすると、雨は止みました。グスッ・・

こんな感じで、悪戦苦闘をしております。
はぁ~、春まで長いな~。

お世話がやけるストロベリーちゃん♪
寒さをがんばって乗り切ってもらって、美味しい実をつけてもらいますよ~♪
by mintogreen | 2008-01-18 21:20 | 花とグリーン

咲いたよ、咲いたよ、匂い椿



待ってんだ~。
あんまりつぼみが固そうだったので、まだまだかなと思っていたら・・・
雨降り後に、咲いていたんです♪
e0089001_21275296.jpg

そ~っと顔を近づけて・・・
香りをたしかめてみると、雨上がりの澄んだ蒼い空気の中、ほんのり・・・

空は、日の光を隠す雲におおわれて
薄桃色の花びらは、はずかしそうにうつむきささやいた

雨の雫が、ぽとりとすべり落ちると
その薄い薄い羽衣は、ゆるやかに揺れた




今日は、久しぶりにスカートをはいてお出かけしました。^^
そういう気分になったんだな~。

去年履かなかったブーツを、今年初めて履いてみると
なな、なんと!
シワの寄っている部分が、傷み始めていた。
あ~、そうか・・・。
そういうことか・・・。
合皮で手軽、と思いバーゲンで買ったブーツだった。
島は、底冷えがするほどの寒さは来ないので、ブーツを必要としないのだ。
ただ、スカートをはいた時に寒いのと、おしゃれも兼ねて履くぐらい。
ブーツは去年一年、そのまま靴箱の中に一人寂しく閉じ込められていたのだ。

よ~し、今日は、このブーツをおもいっきり履いて歩くぞ~。

あちこちの用足しを済ませるたびにブーツをながめると・・・
あちこちシワの部分が、みるみる悲惨な状態に・・・
出かける前、手入れして拭いた時は、こんなじゃなかったのに・・・
凄い!ひどいもんだ。
こんなふうになっちゃうんだ~。

本皮は、こんなふうにはならない。
ちゃんと手入れさえすれば、生き返ってくれる。
汚れを落とし、水気を含んだ布で拭いたあと、丁寧にクリームを染み込ませるように
拭きこむ。
その後は、乾いた布で、何度も何度も磨きをかける。
すると、みるみるうちにピカピカと光り出す。
皮は、生きているのだ。

そう考えると、大量生産、大量消費の現代のファッションと・・・
一つの物を大切にずっと履き続ける大切さ。

動物から頂いた命を無駄にせず、長年使わせていただく事の方が大切に決まっている。
矛盾だらけの世の中だけど、一つずつ、一歩ずつ、大切な事に近づいていこう。

今、手元にある大切にしている物を、もっともっと大切に扱おう。
できるだけ命を吹き込んで・・・。






 
by mintogreen | 2008-01-15 22:33 | 花とグリーン

翡翠を食べちゃいました。^^




といっても、宝石の翡翠ではありません。
e0089001_23594881.jpg

ホクホクの翡翠とも言える銀杏を、堪能いたしました。^^




主人の弟は、板前さん。
我が家にやってくると、なにかしら料理の技を伝授していってくれる、頼もしい同級生。
e0089001_033619.jpg

長女と二人で、銀杏を割っているところ。
叔父と姪、とっても仲良し、笑いが絶えない二人。^^




割った銀杏は、高濃度の塩水に漬け込んで置く。
割った銀杏を塩水に漬け込んで置くと、数日間保存できるそうです。
e0089001_064836.jpg

水をたっぷり含んだ銀杏を、塩を入れた器の中に入れ、電子レンジで、チ~ン!!
塩が水分を吸収し、電子レンジが銀杏に熱を通しながら、塩から水分を飛ばす。

これは、料理屋さんで、高級な一品。
こうして料理された最高級な銀杏を、「翡翠」と呼ばれるらしい。

なんとも言えぬ、深い味わい・・・
満足、満足♪


この日の夜は・・・
e0089001_18134448.jpg

八丈島の目鯛とマカジキの島寿司。
海老とホタテは子供達のリクエスト。

ブログの友達、コーチャンと通世さんが送ってくださった銀杏。
ようやく、ご馳走になりました。^^

ありがとうございます。
by mintogreen | 2008-01-14 00:29 | 美味しい、嬉しい!

庭の花たち



                                       ガーデンシクラメン
e0089001_230431.jpg

原種に近い、小ぶりのシクラメンです。
いつもは鉢植えにする、ガーデンシクラメンを地植えにしてみました。
雨や風、寒さににも強く、しっかりと育っています。

鉢植えの立派なシクラメンは、育てるのに自信がありませんが、このガーデンシクラメンは
夏越しをさせる事もでき、お世話がとっても楽ちんなんです。

八ヶ岳の麓で育てられ、遥々環境の違う八丈島にやって来てもへっちゃらぴ~ってな具合に
嬉しそうに咲いてます。^^

                                       ビオラ
e0089001_2392565.jpg

毎年、様々なビオラを育てますが、今年はおもしろい顔のビオラと出会いました。

やや小ぶりで、花付きがとても良いビオラです。
かわいいな~。^^



                                       匂い椿
e0089001_23114033.jpg

去年の暮れに、香りがあるっていうので欲しくてたまらず、買ってしまいました。
まだ木は、40cm位の高さしかありません。

ようやくつぼみもふくらんできました。
いいぞ、いいぞ。

どんな花が咲くのかな~。
楽しみだな~。


                                        水仙
e0089001_2315229.jpg

庭のあちこち、道路のあちこち、人の家のあちこちに咲いていますね。
こんなにも、人に喜んでもらえる花はあるでしょうか。
きらいって仰る方もたまにいますが、多くの人達が咲くのを楽しみに待っていますね。




e0089001_23205739.jpg

水仙の花を作った人は、どんな人なんだろう。

自然がこんなに繊細で控え目は花を作り出したのですね。
自然って、不思議。

みんなを喜ばせる花たち、地球の環境が変わってきて、いつものように苗が育たない
けど、けな気にがんばって咲いてくれている。

ありがとう。
by mintogreen | 2008-01-08 23:31 | 八丈島の風景