緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

バーズの飯♪



我が家からあまりにも遠い所にある、バーズ。

食べに行きたいよ~!!
と叫んでも、遠すぎる。

最近、夜の外食が減った。

行きたいよ~~~!

という訳で、先日仕事帰りに友達と行った♪

ふえ~、やっと行けたよ。

e0089001_2231246.jpg

必ず注文するものは・・・

マルゲリータと、







レンコンのたたき揚げ
e0089001_2264668.jpg

この歯ごたえがたまりません!

もう、美味しすぎです。

真似して作ろうと挑戦しましたが、無理でした・・・。








この海鮮焼きうどんも
e0089001_2284876.jpg

お薦めです!

つるつる感がたまりません!

もう、たまりませんばっかりです。




また、食べたくなったし。
by mintogreen | 2009-06-30 22:13 | 美味しい、嬉しい!

今日の山の中は・・・



天気が良かったので、やっぱり山に出かけました。
e0089001_22181533.jpg

日差しはすっかり初夏。

涼しい木陰を見つけて、友達が車にいつも積んであるテーブルを早速に広げて・・・









いっただきま~す。^^
e0089001_2220775.jpg

友達が、美味しいと評判のパン屋さんから三種類のパンを買ってきてくれました。

デザートは、冷蔵庫から頂きもののさくらんぼとスモモ。


ふふ、スモモ・・・だって。

スモモっていう言葉、最近使わなかったな~。

スモモ、   いい響きの言葉だ。







道の両脇には、こんな花が良い香りを放っていました。
e0089001_2229646.jpg

ハチジョウショウマ      ユキノシタ科





山に入ると、心から癒されます。

高い高い木々に囲まれたこの場所で、季節のめぐり来る事を知らせる伸びやかな植物の数々を目にし・・・響き渡る鳥の声を聞きながら・・・

ずっとずっとこの自然が変わることがありませんように・・・と

願わずにはいられません。
by mintogreen | 2009-06-29 22:39 | 八丈島の風景

6月の花たち



グァバの花がたくさん咲きました。
e0089001_20535298.jpg

わいわい、がやがや賑やかです。^^

花が散った後の小さな実が、ぐんぐん大きくなると、美味しさのぎゅっと詰ったグァバに。

とっても体に良いグァバの実。

食べ切れないほどたわわに実ります。

鳥達も美味しいご馳走に大喜び。



梅雨の季節を彩る、花。
e0089001_21124224.jpg

紫陽花は雨がよく似合う。

今の季節があるから、地上が潤うんだよね。

お肌もぷるぷる。

・・・になるといいんだけど。^^
by mintogreen | 2009-06-28 21:34 | 花とグリーン

野菜の収穫始まりました



ナスです。^^
e0089001_22134333.jpg

3本採れました。








・・・で、こんなおかずが出来ました。

ナスとレンコンの素揚げ(出汁ポン酢かけ)
e0089001_22151188.jpg

うんまかった~~~♪

ふふふ、ふふふ、笑いが止まんない♪

嬉しくて。







いんげん豆の葉っぱが・・・
e0089001_22214129.jpg

出てきたと思ったら・・・









記事にアップしないうちに、こんなに成長して・・・
e0089001_22194584.jpg

この写真をアップしないうちに・・・










こんなに成長して・・・
e0089001_2224965.jpg

風に吹きまわされてあっち向きこっち向きになったけど・・・

竹に縛っておいたら
今、元気に育っています♪








鈴なりのピーマン。
e0089001_2227517.jpg

わくわく楽しみに待っていたら・・・・


風に吹きまくられ、一本が根っこからポロッと折れた・・・



あ~悲しい・・・



でも、他の仲間は元気!




きゅうりは、2本ダメになった。。。





しょうがない。うん。




花がダメになるよりショック。。。

って事は、花より団子・・・ってこと?

ううん。違う違う。

というより、考えてみると、花は強い。

意外と強い。

どこかで折れてもわき芽が出て復活する事が多い。

倒れても、立て直してあげるとほとんど元気になって綺麗な花を咲かせる。

けど、野菜は一本丸ごとダメになってしまう。

何故?  何故、何故?

う~ん、野菜はヘソを曲げる・・・。

きっと、そうだ。

ヘソを曲げるんだ。

じゃ、ご機嫌をとらなきゃってこと?

や~だよ。

がんばってよ。野菜。頼むよ!

夏は子供達が帰って来るんだよ。

美味しい美味しいっていう声聞かせてよ。

お願い!
by mintogreen | 2009-06-26 22:43 | 美味しい、嬉しい!

梅、やっと漬け終わった~♪



tama_ma_maさ~ん♪
「コメントに書きそびれたので、ここでお知らせです。
 まだまだ梅干し作り間に合いますので、今から楽しみましょう~♪
 私は今から青梅を求めて、梅ジュースを作る予定で~す。^^」



熟度別に分けておいた梅を、三日間かけてやっと漬け終わりました。

6月22日に4kgを漬けた梅は、も早梅酢がたっぷり上がりましたよ~。
おりこうさん、おりこうさん。
e0089001_0145250.jpg

これも、三つの掟を守ったお陰ですね。

(黄熟・塩・重石)これを守れば、素早く梅酢が上がり梅に空気が触れるのを防いでくれるという訳です。

これでカビの心配は、ほぼありません。
でも、毎日蓋を開けて覗いてカビチェックを怠らないようにしてくださいね。
ほんの少しのカビは、綿棒でさっと取り除けば広がる事はありません。
あとは、土用を待つだけです。





これは昨日漬けた2番目の梅です。
3kgだけ、熟度合格しました。^^
e0089001_0231596.jpg

一つ一つ丁寧に並べていくと、一番上が平らになって均等に重石が乗るのです。
梅、塩、梅、塩と、順番に重ねていってくださいね。

梅3kgX塩180g=塩540g






一番上の段には、残りの塩を全部かけてくくださいね。
e0089001_030420.jpg










この膨らみを見てください。^^
e0089001_0351759.jpg

今日は残り最後の5kgの梅に重石を二段重ねをしたので、こんなになっちゃった~♪
でも大丈夫。明日になれば、す~っと沈んでいきます。
梅が、塩と重みで「く~~~~!」っと自ら酢を絞り出してくれるのです。
本当に、梅って素晴しい働きをしますね。
毎年、毎年梅を漬けながら、梅に向かって、「恐れ入りました~!」っと、ひれ伏すmintoであります。^^

この5kgの梅は、全てが黄熟した訳ではありません。
合格ラインギリギリというところですが、目をつぶり少しだけ痛んでいるのをはね出し、漬けてしまいました。
おそらく、少し固い梅干しになるだろう思います。
これは仕方の無いことです。
諦めましょう。
しかし、塩と重石が梅に対して適切ですので、梅酢の上がりは心配ないでしょう。

今日は、とにかくくたびれました。

昼間は、昨日からの低気圧が襲い野菜たちが風でやられてしまい、その手当てに時間がかかりました。
支柱をしっかりと補強し、テープで固定したり、花壇の草をとったり一日中お手入れに明け暮れました。

そんなこんなで、夕食後に第3番目の梅漬けをし、残りの梅でジャム作りまでしたものだから。。。
ふえ~~、もう1時なる~~~大変だ!

お風呂に入って、寝よう~~~っと♪


では、また。 おやすみなさ~~~い。。。
by mintogreen | 2009-06-25 00:58 | 美味しい、嬉しい!

梅は健康の素


私の周りにも梅干し作りを始めたいな~思っている方、けっこういらっしゃいます。


「でも、大変じゃない?」  「カビが出ない? 」 「暑い地方だから無理じゃない?」 等々ご心配の声を耳にします。


でも大丈夫!  三つのポイントさえ押さえておけば、夏には素晴しい梅干しの完成の喜びを味わえます。

より優れた梅干しを望んでいらっしゃる方でしたら、もう一つポイントがあります。

それは、梅干しに適した梅を選ぶことです。

果肉の柔らかさ、香味、粘り、外皮は薄く破れにくい、子供の肌のように光沢があって、ふっくらと美しい・・・

私がその中から選んだのは、「南高梅」です。

しかしそこまで求めなくとも、自分で作った手作り梅干しなら、どんなに高価なものよりも美味しさ満点だと思います♪


私が、基本通りに作る事をお薦めするのは、初めて梅干し作りを始めた時のお手本として手に入れた一冊の本から学んだ、まさに梅仕事のバイブルといえる「藤巻あつこさん」の言葉によるものです。

では、藤巻あつこさんの本の中からと私の経験を交えながら三つのポイントを紹介します。
      参考  「 主婦と生活社    梅干し・梅酒・梅料理Q&A 藤巻あつこ」  


◎漬け込み時の熟度    漬け梅の熟れ具合は、梅干し品質を左右する重要なポイントです。
                 適さない品種でも、ほどよい熟度で漬け込むと、ある程度品質が カバーできます。
                 梅が手に入ったら、充分黄熟している梅を漬け込みましょう。
                 黄色く熟していないものは、部屋に置いて通気を良くしながら熟するまで待ちましょう。


◎漬け込み食塩濃度    この塩の加減が梅干し作りには大切です。
                 「いいあんばい(塩梅)」という言葉は、梅干し作りから生まれた言葉でもある訳ですからね。
                 二Lで18%   三Lで20%   L以下や小梅は15% 
                 塩分の取りすぎを心配されて少ない塩で漬けると、梅酢の出る量が少なく、
                 非常に酸っぱい、梅干しとなり、カビ発生の大きな原因となります。
                 私は、この塩加減はとても大切と思っています。


◎梅を漬ける時の重石    黄熟した梅なら同量。
                  熟度不足なら、1.5倍~2倍の重さを。
                  この重石が軽いと、梅酢の上がりが遅くなりカビの原因にもなります。  
                  

これらを充分満たす事ができたのなら、梅酢が2.3日で素早く上がり、器の中で積み上げている一番上の梅を軽く越え、自ら絞り出した梅酢によって梅に空気が触れる事を防ぐのです。
これがカビを防ぐ為の重要なポイントになるのです。

あと、忘れてならないのは、一応良く洗った道具( 器、重石、梅と重石の間の蓋 )を熱湯消毒しておくのも大切かな。
そして、黄熟した梅をさっと洗ったら、ザルに揚げ、水分を取りながらヘソ(ヘタ)を取る。
漬け込む道具と梅を、ホワイトリカーで消毒する。

器の底に薄く塩を振り、丁寧に梅を並べていく。(がたがたになると中蓋が斜めになり、重石がずり落ちる)
一段ごとに塩を振る。
二段、三段と積み上げる毎に塩を振っていく。
下で塩を振りすぎると足らなくなるので、上の方でたくさん振るように加減をしながら入れる。
一番上に来たら残りの塩をまんべんなく入れてしまう。

中蓋を平らに載せ、重石をしたら、器の口を新聞紙で蓋をして、ヒモでギュッと縛っておく。

そして、良い天気が三日間続く時を見計らって、土用干しを行う。
土用のタイミングを逃した時は、夏が終わる頃の時期でも構いませんから、お日様に当てて美味しい梅干しの仕上げをしてくださいね。

少しばかりの梅なら、ビニール袋に梅を入れ塩をまぶし漬ける方法もあるらしいですが、藤巻あつこさんの著書には、載っていません。
気楽に挑戦なさりたい方は、この方法もいいのではないでしょうか。

藤巻あつこさんの著書は、大変親切に丁寧な語り口で、様々な梅仕事の楽しみ方が写真付きで紹介されています。
梅仕事のQ&Aは本当に分かりやすく、どなたでも梅仕事の鉄人になれるんじゃないかと思うくらい親切な説明がなされています。
今から梅仕事をなさる方にとってこの本は、強い味方となりましょう。



これが今日漬けた黄熟した梅。 
梅を水に入れた途端、空気の層が梅をぐるりと包み込み水と梅が分離する瞬間。
この一瞬の不思議な光景を見れるのも梅仕事の楽しみ。
e0089001_22324377.jpg

さっと水洗いをしたら、素早くザルに揚げます。






これは、熟度がまだ足らないので、明日まで待って漬けたいと思います。
e0089001_22381425.jpg










大半の梅は、まだこんな状態でなの2,3日様子を見ようと思います。
e0089001_2240083.jpg

熟度が足らないと、皮が固い梅干しになるそうです。

やわらかい梅干しを目指している私としては、ここで引く訳にはまいりません。
とことん美味しいものに挑戦したいと思います。

自分自身への挑戦であり、年に一度の大切な仕事です。

さ~~~! 梅で今年の夏も乗り切るぞ~~~♪
by mintogreen | 2009-06-22 22:54 | 美味しい、嬉しい!

夏が来たと思ったよ~


昨日、6月20日の八丈島は、真夏のような青い空と碧い海がまぶしい良いお天気でした。
e0089001_23432885.jpg


日差しはジリジリ・・・

仕事をしていても、夏!

歩いていても、夏!

汗をざんぶりかいて!気持ち良かった~~~♪


仕事を終え家に帰ると、注文しておいた「南高梅」が届いていました。
e0089001_23121575.jpg

素敵な梅です!

今年もとうとう梅仕事の季節がやってまいりました。

今年は13kg注文しました。

何故13kgなのかと申しますと、たくさんの梅の中から、「はね出し」が出るのです。

10kg注文する中から、はね出しが3kgくらい出る時があるんです。

ですので、そこを見込んでいつもより3kg多く注文したという訳です。

はね出しが出たら、梅ジャムを作るのです。

でも今年の梅の出来が素晴しすぎてジャムにする分がありません。

本当は、もっとたくさんの梅干しを作って多くの方に差し上げたいのです・・・

差し上げたい人が多すぎて・・・

しかも限られた時間の中でやる仕事ですので、これが限界の量ですね~。

今、部屋の中がいい香りに包まれています。

あ、そうだ、梅ジュースを作る梅を買わなくては。

富次郎商店に売っていた青梅を買おうかな。




あ~、本当にいい香り~。




明日は、梅干し作りがんばろう。
by mintogreen | 2009-06-21 23:28 | 八丈島の風景

「鶏肉のトマトソースかけ」



またまたトマト料理です♪

大賀郷にある、レストラン「コックさん」の鶏肉のトマトソースかけが大好きで、ちょくちょく食べに行く。

時々我が家でも挑戦するのだが、物足らない。

大体理由は判っている。

そう!焼きが違うのだ。

オーブンでじっくり焼くらしく、皮がパリパリ!

お肉はジューシー♪

そして、フレッシュトマトを煮込んで作るソースがなんとも美味しいのだ!

トマト好きな私には、たまらんのです。

これは、真似して作ったものだが、作るたびに味が違う。^^
e0089001_22145657.jpg

「コックさん」の鶏肉は、本当に美味しく焼けている。

味も薄いのに、しっかりと下ごしらえがされていて、鳥独有のクセが無い。

御昼の時間が近づくと、あらかじめ職場から「コックさん」に電話を入れておく。
すると、ちょうど良いタイミングに熱々パリパリをいただくことが出来る。

ドアを開けると、やさしいママが笑顔で迎えてくれる。

メニューも豊富だが、いつもこれを注文してしまう。

「いつもの?」と聞いてくれるママは、美味しさを倍増させてくれる。

だから、家では思い通りに作れなくてもいいんだ♪
by mintogreen | 2009-06-17 22:38 | 美味しい、嬉しい!

ただいま~♪



昨日、東京から戻ってまいりました。

もし島に戻る日を今日に予定していたら大変でしたね。

曇り空でも穏やかな昨日とは打って変わって今日は大嵐。
昨日戻る事が出来、ほっとしています。

ここ数年、年に一度の大阪までの旅。
今回は、長男も一緒たっだし良い天気にも恵まれ、「行って良かった。。。」と、思える良い旅となりました。

9時5分発、八丈島から羽田行きに乗り、11時30分発関空行きに乗り継ぎます。

第2ターミナルの羽田到着のゲートから、同じターミナル内でも真反対の関空行きのゲートまでは、良い散歩コースです。^^

お年寄りや、体の不自由な方の為には電動カートが待機してくれています。

八丈島発の便が何らかの形で送れたりし、乗り継ぎの時間が迫っている場合は、たとえ一人でも、バスが用意されていてゲート近くまで連れて行ってくれます。

乗り継ぎ用の出入り口のところで名前を呼ばれ、バスへと誘導されます。

今回は何の支障も無く、余裕を持って関空へ向け出発となりました。

しかし、大事な物を持って行かなかった。。。

それは何かと言いますと・・・

カメラ。

わはははは。

何の為の旅?

はは・・は・

ま、しょうがないか。

東京に戻ってからは、子供達のご飯作り♪

ジャガイモを使った料理をたっぷり作ります。


                     これは、出発する前に作った我が家のジャガイモのトマト煮込みスープ。
e0089001_21292331.jpg

毎日食べても飽きないジャガイモは、私にとって元気の素。

トマトをプラスしたら、そのパワーは倍増となります。

生のトマトを他の野菜と共にコトコト煮込みます。
忘れてならないのが、セロリ♪

コトコト、コトコト・・・

トマトピューレー、塩コショウ、バジルの葉っぱも忘れてはなりません。

八丈島に戻る日も、子供達を仕事へと送り出した後、バスに乗り中野ブロードウェイまで大急ぎで買い物に行きました。
このジャガイモのトマト煮込みスープを作っておく為に。

いつもは、近くの八百屋さんで買い物するのを楽しみとしているのですが、お肉屋さん、魚屋さんが少し距離のある所に点在しているので大変だし、この日は、多分、たくさんの買い物になると予想し、家のすぐ近くにバス亭があるのをこれ幸いと、バスを選択したのです。

冷蔵庫に、何日か先までの食料を入れて置きたいのですが、娘に買い過ぎないようにいつも注意されます。

それでもめげずに買って入れておくんです。

この日も、野菜と魚と漬物と・・・

「あ~・・・、おこられちゃうな~・・・。」

と、思いつつ控え目に入れておきました。

八丈島に戻り、夕飯を食べ終わる頃、娘から電話が・・・

「ありがとう。」

嬉しそうに喜ぶ娘の声に、東京暮らしの厳しさをひしひしと肌で感じながら親の行為に対する感謝の念を素直に言葉にしてもらえるのは、嬉しい。




親は、ただひたすら食べてもらいたいのだ。
by mintogreen | 2009-06-11 22:12 | 美味しい、嬉しい!

わ~い♪わ~い♪野菜たちの花がたくさん♪



野菜たちの花が次々と咲きだしました。

ナスの花です。
e0089001_2256223.jpg

なんと、美しいお姫様!

その美しさにメロメロです。





あなたは、きゅうり~さん?
e0089001_22574265.jpg

まあ、  涙の雫が・・・美しい・・・。

何が悲しくて泣いているんだい?






あらま、こんにちは赤ちゃん!
e0089001_2313765.jpg

早く大きくなっておくれ。








と、まあ、こんな具合に妄想の世界に浸りきっている次第でございます。

ピーマンも花を撮らないうちに、実が4cmくらいに成長してしまいました。

花壇の花も、撮るのが間に合いません。


セントーレア・シルバーフォックス
e0089001_239248.jpg

白妙菊よりも葉の切れ込みが多く、草姿の乱れも無い素晴しい素材のシルバーリーフです。

花がまた、綺麗なんです。





花が咲くのは知っていたのですが、すっかり忘れていて見えないところでひっそりと咲いていました。
e0089001_2312699.jpg

アザミに似た繊細な花姿に、このシルバーリーフの存在を改めて見直しました。

花壇のあちこちに植えて置くといいな~。




明日は、大阪までお出かけするというのに、なんにも旅支度をしてない。

あ~、大変だ。

準備しようっと。


では、少しの間お休みします。
by mintogreen | 2009-06-04 23:19 | 美味しい、嬉しい!