緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

頑張っている植物たち




カリアンドラ
e0089001_2001250.jpg

合歓の木の仲間














e0089001_2143149.jpg

今年のカリアンドラは、凄い!

咲き方が、半端じゃない!

うれしい!

ひと咲きして休むと、またひと咲き。

何度も何度も咲いている。

これって、一花も二花も咲くって言うのかな?^^

「もう一花咲かせたい!」なんていう言葉、よく聞きますが・・・

それにしても凄いよ、カリアンドラ。

えへ、見習わなくっちゃ~♪




ところで、まだ細々と頑張ってるものがあるんです。
e0089001_2065525.jpg

これは台風が来る前に撮ったものなのですが・・・

カナリーヤシにどんどん蔦って行って手の届かない遥かなところで実が生っていたんです。

でも、台風が来る前に茎をずるずると引っ張って、降ろしてしまいました。











e0089001_2084099.jpg

今は、この生き生きした姿からは程遠い姿です。それでも緑色の葉を揺らしながら、細々ながら実を付けてます。














細々といえば、こちらのナス。
e0089001_20155178.jpg

これも台風が来る前に撮ったものなのですが・・・










この半分くらいの大きさではありますが、まだ生りそうです。
e0089001_20265770.jpg

少しずつではありますが、おすそ分けもできました。

自分の作った野菜は、何故こんなに美味しいんでしょ♪




e0089001_20281538.jpg

塩でサッともみ、オリーブオイルでさっぱりサラダも何度もいただいた。

一番の好みは、やっぱり蒸しナスかな。

蒸すと野菜の美味しさを逃がさないし、茹でたときの青臭みがでない。

記憶は定かではありませんが、八丈実記か何かで、昔の八丈島では、なすの木が3m以上にもなったというような絵が紹介されていて、それをどなたかのブログの中で拝見した。

「よし!このナスの木、何処まで育つか挑戦してみよう!」

と、今のところ細々だが頑張っています。

本当は、最盛期が終わる頃、バッサリ選定すると、また脇枝が元気に育ち、美味しい秋茄子が収穫されるのだが。

しかしこのmintoのやつ、どうしても大きくなったナスの木をみたいのだ。

ナスの実は小さくてもいいから、木が何処まで大きくなるのか見てみたい。

しかし、流石に台風には勝てない・・・。

台風が過ぎ去ったあと、何本か選定して残りをそのままにしておいた。

ナスの木の幹の太さは・・・え~っと、、、な~んて。^^

今も実は小さいが、瑞々しいつやのある実が生る。

昨日、携帯で撮ってツイッターのほうに流した。

今日は、ネギのぶつ切りと一緒に蒸した。

ネギのぶつ切りとよく合う。これにポン酢かけていただきました。

ナス君にはまだまだ頑張って欲しい♪




もうそろそろ冬野菜作りの準備に入ろうと思います。

去年大成功したブロッコリーを、今年は種から挑戦してみたいと思います。

もしだめだったら・・・苗を購入したいと思います。

楽しみ楽しみ♪
by mintogreen | 2010-10-13 21:23 | 花とグリーン

グッピーたち



e0089001_22234322.jpg

水中に居る生物を撮るのはむずかしい。

何度挑戦しても失敗の連続。

「ふ~。。。もう無理。。。」

ようやく撮れたのが、この一枚だけ。




親戚の家で、たくさんのグッピーを飼っている。

子供がたくさん生まれたから取りにおいでと言われ頂いてきた。

友達に半分分けて、浮き草だけが入っていた水瓶の中に残りの半分をそ~っと放したら嬉しそうに泳ぎ回っている。

浮き草は、あっという間に水瓶の口を覆ってしまうほど成長が早い。




毎朝、その浮き草を掻き分けながら、グッピーの餌を与える。

飛沫がかかるんんじゃ~ないかと思うくらい、勢いよく餌を食べる。

このところの大雨で、水瓶はなみなみと溢れんばかりに透明な水を湛え、グッピーたちには居心地の良い環境になっているようだ。




浮き草を少しだけ取り除きカメラを構えた。何と小さな小さなグッピーの子供が泳いでいるではないか。

いつの間にこんなに!数えてみると六匹も、

一週間くらい前には、発見したのが遅かったのか、グッピーを頂いた時にすでに紛れ込んでいたのか、この小さな稚魚の三倍位の大きさのを発見した。

その時も嬉しいやら、驚いたやら。しかし今日のほうが更に驚いた。何せ六匹だもの。

しかもその小ささといったらない。もう食べられちゃうんじゃないかと心配になるほどだ。



大人のグッピーは、カメラを構え続けていたら、次第に姿を現さなくなった。

分かるのかな・・・。

しかし子供のグッピーはお構い無しにス~イ、スイスイと泳いでいる。

この小ささでは、何度挑戦してもピントが合わない。

大人のグッピーでさえ動きが早くて、ピントを合わせることは無理だ。

最後の手段、浮き草に合わせ、シャッターを半押ししたままグッピーがファインダーの中に入るのを待った。

それで撮れたのがこれだ・・・。

もう今日は、これでいいか、と諦めた。^^





あ~、今日はグッピーちゃんを写せてよかった~。

あ、そうだ、おばあちゃんは、グッピーの事を、「ブッピー」と呼ぶ。^^

だから子供も真似して、

「ブッピー、元気にしてる?」

と、電話の向こうで笑いながら言う。





明日は、週に一度の音楽で遊ぶ日。

みんなが笑顔で幸せ気分になる日だ。

用事が重なり行けないこともあるけど、私にとって大切な時間だ。

いろんなことを脳と体が受け入れられるようにいつもぐにゃぐにゃにしておこうと思う。

すると、問題がやわらかく解けていくのだ。

その解けていく感じは実にいい気持ちなのだ。

川の流れのように緩やかに遥かな方向に流れていくのを見送ったら、またぽくぽくと歩いて行くことができる。
by mintogreen | 2010-10-11 23:31 | 人間・生き物達

メジロとグァバ



このところ庭のグァバの木やつるバラにメジロたちがやって来る。
e0089001_23194632.jpg

ぴちゅ、ぴちゅ、ぴちゅ、ぴちゅ♪賑やかなさえずりに、こちらまで浮き浮きしてくる。















e0089001_2322494.jpg

あっちへ飛び、こっちへ飛び、大忙しでグァバを啄ばむ。
















e0089001_23251672.jpg

春のサクラが満開の頃、蜜を飛ばしながら花から花へと飛び交うメジロたちだが、今の時期は甘いグァバが彼らの食料だ。

八丈島では、グァバの木を植えている家を多く見かける。

我が家の庭に、4,5年前、30cmくらいの苗を2本植えた。するとみるみるうちに2,5m位にまで成長した。

枝がしなるので、高いところに生っている実を採ることはできるのだが、メジロやヒヨドリにも分けてあげなくてはと思う。

あまりに多くの実がなるので、我が家では食べきれない。こうして庭までやってきてこんなに美味しそうに食べているのを見るのは嬉しい。

友達も楽しみにしていてくれる。早く採りに来ないとメジロたちに食べられても知らないよ~。^^



e0089001_2341996.jpg

今年のグァバは、特に美味しい。

夏の暑さのせだと思う。グァバを食べる人たちが口々に言う。

グァバの横に、フェイジョアの木もしっかりと育っている。

実が生るまでにはまだ数年かかりそうだ。グアバよりも爽やかな甘さがある。

そうしたら数年後、メジロと私のフェイジョアの争奪戦が始まる。

負けないぞ♪
by mintogreen | 2010-10-09 23:49 | 人間・生き物達