緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

さよなら、末吉保育園

子供の減少で、末吉と樫立と中之郷の三地区の保育園が統合されます。

そして、中之郷の小学校跡地に新たに保育園が開園します。

今日は、穏やかな晴れ渡った青空の下末吉保育園の閉園式が行われました。

我が家の子供たちが、通算11年間お世話になった保育園。

思い出いっぱいの保育園は、地域のおじいちゃんおばあちゃん、お父さんお母さん、お兄ちゃんお姉ちゃんおじちゃんおばちゃんたちを招待して、悲しいけれど元気に楽しいお別れ会となり幕を閉じました。



年長さんによる八丈太鼓から始まりました。
e0089001_22244346.jpg











小学生の子たちの踊りも元気いっぱい♪
e0089001_2226599.jpg













桜の木の下で見守る地域の方々。
e0089001_22284742.jpg










小学生たちのキッズソーラン。  運動会の目玉種目はみんなの楽しみ♪
e0089001_22515282.jpg













ここで、101歳の恒子おば登場♪  得意の歌と踊りを披露。
e0089001_2232330.jpg

今日は、「桃太郎さん♪」でした。^^









元気いっぱいの恒子おばは、末吉の現役スターです。
e0089001_22363431.jpg

畑仕事で培った逞しい健康体は、私たちのお手本です。










お父さん、お母さん、小学校の先生方が、バーベキューの準備をして下さり、地域の方々に振舞われました。
e0089001_22353811.jpg

暖かいお日様の笑顔と桜の木の下で、心のこもった美味しいお昼ごはんはまるで天国のような幸せな時間。

涙が出るくらい幸せな気持ちになりました。

本当にありがとう。

今まで子供たちを見守ってくれた末吉保育園は、地域の方々に今日のお日様のように暖かく支えられてきました。

末吉の子供たち、本当に幸せです。


こんな光景、私はたまらない気持ちになってしまいます。
e0089001_22464232.jpg













恒子おばが、お手玉を始めました。
e0089001_2246159.jpg

あーちゃんが、それを真剣に見ています。











「今日の末吉保育は、にぎやかじゃな~。。。メェェエエ~~~~♪」
e0089001_22504965.jpg

ヤギちゃんも、閉園式を知らずにみんなの楽しそうな声に満足しているようでした。

ヤギちゃん、、、誰のお家に行くの?

それとも、ここに居て、みんなに可愛がってもらうの?^^








10年後に向けて、タイムカプセルを埋める為に穴を掘っています。
e0089001_2258645.jpg













みんな、末吉保育園を惜しむかのように遊んでいます。
e0089001_22591829.jpg












最後は、たくさんの餅が撒かれました。
e0089001_2302768.jpg

若い若い女副園長さん、涙涙でお別れの挨拶をなさっていました。

副園長さん、保母さんも、給食のおばちゃんも、子供たちの為に今までありがとうございました。

地域の皆さん、早出のおばちゃん、臨時の保母さん、本当にありがとうございました。

寂しくなるけど、子供たちは大勢の中で育つことを選んだんだもんね。

逞しく、大きくなってね。

道であった時は、声をかけてね。




末吉保育園は、今日で長い歴史を閉じました。

お疲れ様。





末吉保育園では(30名)、樫立の南海保育園は(20名)、東北関東大震災の被災者の方々の避難先として受け入れをさせて頂いています。

尚、町では、国、都から受け入れ要請があったものを基本に対応していくとの事です。

詳しくは、八丈町HPをご覧頂きたいと思います。

八丈島公式サイト

受け入れ後は、地区の住民としてみんなで協力をして温かく迎えたいと思っています。

宿泊施設でも、避難される方に補助・割引など本人負担軽減などありますので、詳しくは八丈島観光協会にお問い合わせください。

八丈島観光協会


少しずつですが、八丈島でもできること模索しながら動き出しています。





みんな、協力しようぜ!!


お~~~♪
by mintogreen | 2011-03-31 23:29 | 八丈島の風景

桜、桜



八丈島は、今、山桜が満開です♪

ここにも
e0089001_13595992.jpg
















ここにも
e0089001_142877.jpg
















ここにも
e0089001_1425714.jpg


今年は、寒さが続いたせいか開花が遅いような気がします。

でも、毎日楽しめる喜びを味わっています。








どうぞ、東北関東地方の被災地の、少しで早い復興が実現して心穏やかに暮らせる日が来ますように・・・
by mintogreen | 2011-03-30 14:07 | 花とグリーン

娘との電話での会話



東京に住む娘と、普段からよく長電話を楽しんでいる。

もちろん、今の大きな話題は原発災害の事。

事故が発覚した当初は、「普段から昆布を食べているといいらしい!」「外出時はマスクをしてヤッケの上下を着ろ!」

等、あれこれ言っていたが、そのうちうるさがられ言わないようにした。




そして会話の中で、出た結論。

(誤解をなさらないようお願いします)

何処に住もうが、結局同じ。

地球全体で人間の安心して住めるところは非常に少ない。

今、ここで覚悟を決め、無理の無い限り、出来るだけの備えと自然に近づき人間らしい生活を目指す。



今までの事にお詫びをし、そして今までに与えられたことに感謝をする。この二点に尽きるよね。と・・・



今、私たちの間では、何故か恐さが無い。

何か不思議な気持。

今まで通り娘と電話で楽しいおしゃべりをしながら腹の底から笑いたい。

笑うネタは尽きない。二人の秘密の話がたんまりある。^^

何時間おしゃべりしても、いくらでも会話が生まれる。

幸せだ。

ありがとう。



話をしている間に、急に、「やっぱり、昔ながらの生活の知恵が生きていく上で役立つよね」

と、どちらからともなく言い出す。

「生きる原動力が詰まっているんじゃないか。」

「やっぱり、それを自然に取り入れている人が、こういった原発被害が広がった時、もし放射性物質を吸い込んだとして、ダメージが少なくて済む場合があるんだろうね。」

(これにも、誤解なさらないようにお願いします。これは、一部の場合の話として・・・)




ネット上で、大豆食品・本醸造の味噌、ミネラル分が多く含まれる自然塩、ヨウドが含まれている海草(また出たよ^^)などを普段から取入れていることが大切だ・・・とか。

汚染された水には、竹炭を浸して置いてから飲む。(備長炭、ヤシガラ活性炭でも良い)

日本全国には、放棄され荒れている竹林がたくさんある。

あと、水溶性ゼオライトを飲料水に混ぜて飲む。

そういえば、花の季節の変わる時期、花壇の土を耕す時、ゼオライトを土壌改良として土にすき込む。

鉢の中の古い土の中にに土壌改良としても入れる。

汚染された土壌には、ひまわりを植えると中和される。(先日、ブログの友達がコメントに入れてくださいました。)

やっぱり、自然塩も、土壌に良い効果を発揮するらしい。

自然界から私たちは沢山の恵みを頂いている。

その恵みが、いろんな効果を発揮するはずだ。

地球から、いや、宇宙全体から生まれたものは、その中からお互いを抑えあう(又は、助け合う)仲間があっても不思議ではない。

自然はそうやって生きてきたはず。

案外、ヒントはもっともっと沢山隠れているんだと思う。

元は、みんな同じ原子。

本当は、仲良くできるはずなのに、使い方を間違えてるから、マイナスに作用するんだろうな。

地球が出来立ての頃は、放射性物質が地球に降り注いでいたそう。(それとも覆われていたのかな?)

そこから、いろいろなものが生み出されていったそう。



これらの事が本当かどうか分からない。

私には難しいことはわからない。

しかし、人間が解き明かせない事がこの全宇宙には沢山ある。

わからない事だらけだ。

しかし、この自然の恵みを別途利用したのは、人間。

間違った使い方をしたのは人間。



みんなで何回でも謝ろう。


ごめんなさい!!




だから・・・少しでも自然に近づく為には、少しでも本当の事が知りたい。ちょっとでもいいから知りたい。

そして、私たち生き物本来持っている感覚を取り戻し、地球物質、宇宙物質と仲良くやっていきたい。




凄い取り止めの無い話にぶっ飛んでしまったね。^^

人類が今頃気付いても遅いのかな?

警告を発していた人たちがいたのに、今頃やっと気付き始めた人々。

気付いていても、気付かない振りをしていただけ。



本当にごめん!!
by mintogreen | 2011-03-28 02:05 | おしゃべりコーナー

被害が拡大する放射能汚染

ネット、マスメディア、多くの発信の中からより正確な情報を探し回る日が続く。

過去の事例から見ても事態は悪い方へと向かっている。

それでもみんな安心を求めて今日も固唾を呑みながら状況を見守っている。



様々な試みがありながら、実行しようとしないのか?出来ないのか?

遅すぎる対応。機能しない組織。

国民の中では情報の嵐と不安が広がり、安全に誘導してくれるはず国家中枢組織はぽっかりと穴が空いたような状態を感じている。

一部の方々の大切な命と家族を犠牲にして、言葉巧みに組織を守ることに始終している人々がいる。



変だよね。

当たり前の事をしないなんて。

国民の安全を優先しないなんて。




過剰な心配はしなくてもいいかもしれないが、今、見過ごされている人たちを守って欲しい。

身動き取れない社会人たち。自分を守ることすら出来ない多くの人たち。



もう、警告を発したほうがいいのではないのだろうか。

マスコミを通すのではなく、小出しにするのではなく、国民に向け丁寧な説明を、政府が、やるべきではなかろうか。

パニックを恐れていては、遅すぎる。

自分自身の命と健康を守る事を真剣に伝えて欲しい。



これからの人生を生きていかなければならない、幼い子供、若者たちを守る為に。
by mintogreen | 2011-03-27 00:16 | おしゃべりコーナー

放射能漏れくい止めたニュース



心配されていた放射能漏れは終息に向かっているというニュースに、安堵。

消防、自衛隊、東電、その他の電力会社工事の方々、その他多くの方々、命を賭けての復旧作業。

心から感謝申し上げます。

今現在、終息に向かっていて人体に与える影響の心配は無くなったそうです。

本当にありがとうございます。

これからも長くかかる事後処理作業、頭が下るばかりです。本当に申し訳ないという気持ちでいっぱいになります。



こんな簡単な言葉では、言い尽くせませんよね。

前回更新した「原発防災」の記事の中にに、追加の記事をアップしました。

自己反省を込めて記録しておきたく追加しました。
by mintogreen | 2011-03-20 12:28 | おしゃべりコーナー

スカビオサ



e0089001_22495540.jpg

今まで出合った事が無かった、スカビオサ。

とっても可愛いよ。

小さな体で、お日様を見て咲いてるよ。












e0089001_22521431.jpg

重なり合う花びらや天を目指して伸ばすおしべめしべから、ほとばしる生命の息吹を感じる。
by mintogreen | 2011-03-19 23:04 | 花とグリーン

大丈夫、大丈夫



もうすぐだからね。



もう少しの辛抱。

大きく息を吐いて~、吸って~。

私も、かなり動揺したよ。

焦って焦ってどうしようもなかった。

被災された方々、頑張っているいる方々、都会に住む子供たちの事を考えると、じっとしていることが出来なかった。



子供に関しては・・・

子供たちの所にも影響が出て、何時間もかけての通勤。

食べるものがお店に無い・・・。

今日は、小麦粉が一個だけ買えた。

今日はインスタントラーメンを並んでやっと買えた。

普段からギリギリの生活をしている子供たち。

もちろん買い置きなんてほとんど無い。

その日その日の食事を何とか維持している。

仕事帰りにスーパーに行っても買えない。

送ってあげなくては!と、お店に行き後ろめたい気持ちで、乾麺・小麦粉・クラッカーなど保存食を籠に入れた。

我が家にも普段買い置きはほとんどしていないので、子供に送ってあげれる保存食は、果物の缶詰くらい。

野菜や魚の干物などは少しずつ送っているが、こんな状態の時は届くまでには痛んでしまう。

罪の意識に苛まれながら、レジを済ませ買い物を車に入れ家路に着いた。

被災地での困窮を思ったら、子供に送る為の物を買った事がこんなにも苦しい気持ちになるとは。

夕食が喉を通らない、、、




お詫びの気持ちでいっぱいだ。




子供に電話で、「送ろうか・・・」と言ったら、「なんとか頑張ってみる」と。




まだまだ物資が届いていない地域の方々は、片寄せ合って頑張っている。

食品はもちろん、医療品、ミルク、毛布など、足りないものを早く届けて欲しい。

こんな状態の時は、個人などからは受け付けられない。

ボランティアも有難いが専門的知識が無ければ返って迷惑。

今のところは、いろんな窓口の募金しか出来ることは無い。

でも、今からやれることはまだまだ出てくる。

時間はかかるけど、復旧に向けてみんなで頑張ってる。

みんなで協力すれば、乗り切れる。




大丈夫、大丈夫
by mintogreen | 2011-03-17 15:56

祈りが届きますように



今日仕事帰り、車のラジオから聞こえてきたこと・・・



ダライ・ラマが多くの僧侶に呼びかけ、日本の為に10万回の般若心経を唱えると・・・


すごい事だ。

体が震えた。

日を追う毎に被災された方々の声が現実の厳しさを語り、辛く悲しいニュースばかりが多い中、

多くの人たちから寄せられる被害に遭われた方々へ励ましの言葉

お亡くなりになった方々へご冥福を祈る言葉



多くの人たちの心は同じ思い。



届け・・・
by mintogreen | 2011-03-15 22:52 | おしゃべりコーナー

原子力防災について



お詫び 

この度の大震災による放射能漏れの恐れに対する過敏な反応を記事を読んでいただきました皆様には、大変なご心配をおかけしましたことに、深くお詫び申し上げます。

日本の消防、自衛隊、東電他電力会社の電気工事の方、その他多くの方々、決死の覚悟の連携による放射能漏れ防止を終息に向かわせていただきましたことに深く感謝いたします。

この記事を更新いたしました時期は、日本中が世界中が放射能汚染による心配が駆け巡っていたと思います。

私もこの時期は福島県はもちろん首都圏に及ぼす影響を相当恐れていました。

チェルノブイリのような幼い子供たちの本当に酷い影響を受けさせたくないと願いました。

最小限度に抑えるための出来ることを必死で検索しました。

お恥ずかしいことに、昆布類の摂取も勧めたり、外に出るときの対策をこのような記事で知って欲しくて拡散を希望したりしました。

日が経つにつれ顔から火が出そうになりつつ、流れてくる状況説明を把握する毎日でした。

やはり私たちの考えることは、これからを生きる人々が少しでもいい方向へと気付いていって欲しいということです。

しかしそれは、私たちがそのように生きなければいけないということで、いつの時も明るい未来を想像しながら現実をおおらかに過ごすことだろうと思いました。

自然とともに生きていく・・・当たり前の事が出来ない都会生活。

しかし、いろいろな面で都会に頼っている私たち。

都会の人たちは、電力を頂く為、新鮮な食品を食卓に頂く為、快適な生活を営むため、田舎に頼りながら。

お互いに持ちつ持たれつの生活を送っている。

今更、江戸時代のような生活に戻すことは出来ないけれど、この大震災による多大な被害を被った方々の辛さを分かち合いながら、今のエネルギーも事、生活の仕方、今まで当たり前に考えていた事、全てを見直すことが、犠牲になられた方々へのお詫びとなるような気がします。

えらそうなことは言えません。

今現在も避難生活をなさっている方々、復旧活動に多くの方々が携わっています。

これからますますどのような協力をしていくか、現実にたくさん出てくると思います。

それは日本中が同じ気持ちで自分の事として行っていく事だと思っています。

まずは、日本人の災害に対する復興に向ける人間たちの底力と原発による汚染をギリギリで止め終息に向かわせたもの凄さを世界に向けて発信していかなければならないと思います。

何が何でも、負けないぞ!と。

そして、福島県を風評被害から守る。ちょっとやそっとでは人間の体は汚染されないぞ!と。

これからも美味しいお米、野菜を作ってもらう♪

日本中で、被害に遭われた土地、被害に遭われた方々を応援する!!

これは、みんなが思っていること。私が敢えて言うこともない。

けど、言いたかった。^^








被災地のみならず、近隣、都心にお住まいの方々へお知らせをして欲しいと思います。



これからを生き抜いていく人たちに緊急のメッセージを、マスメディアはもっともっと出すべきだと思います。

最悪の状態を想定した今出来ることを拡散したい。

そして、国民は冷静に判断し対処する努力をして欲しい。



福島第一原発の放射能漏れは、もう防ぐことは出来ない。

原発による被害を最低限度に留める為の、個人レベルで出来ることを少しでも知って欲しくて、リンクを張ります。



     よくわかる原子力 原子力防災について   - ヨウ素剤 Q&A -


被災地または近辺にお住まいの方、都心にも及ぶ可能性がありますので、今のうちに準備をしておいてくださるよう知人の方に知らせて下さい。
by mintogreen | 2011-03-15 02:37 | おしゃべりコーナー

思い



この度の地震ではご心配をおかけしました。

本当にありがとうございます。

八丈島は震度3位の揺れを感じましたが、被害はほとんどありませんでした。

大津波の警報が出ておりました時、末吉洞輪沢港に停泊していた船が被害を受けたようです。

津波の高さは、1m40cm位と聞いております。(詳しくはわかりません。)

仕事中も家事の最中も、空いた時間も、被災地の事、被災された方々の事、都会に住む方々の事、遠くに住む方々の事、子供たちの事、考えるのはこの事ばかり。

日本中、世界中が、日本の今の状況に、多くの人たちがいろいろな気持ちでいると思う。

その中で、うれしいニュースが入ってきた。

日本の人の高潔さが称えられていた。

日本人のマナーの良さは、世界一。

助け合うことを忘れてない日本人。

心配していたことが現実になった今、自分に出来ることは何なのか、真剣にそしておおらかにこれからの生き方を

考えないと。

みんな、無理せず歩こう。。。
by mintogreen | 2011-03-14 02:57 | おしゃべりコーナー