緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今日の収穫




台風の被害にあったきゅうりがなんとか復活し、どうにか収穫が始まった。
e0089001_22194116.jpg

これは一昨日の収穫。

ナスは毎年良く生ってくれる。

ナス作りには自信が、、、ちょっとある。

が、きゅうりは場所が大事ということが分かった。ぞ!^^







これが今日の収穫。
e0089001_22461542.jpg

空心菜とつるむらさき、そしてきゅうり。

初めて種を撒いてみた空心菜とつるむらさき。

なんとか虫の被害にも遭わずにすくすく成長し、どうにか一回分のおかずになりそうな位収穫できた。

友達に分けてあげたつるむらさき、うちより早く収穫して食べているらしい^^

大成功ってことでうれしいよね。

農業の輪が広がって、本当にうれしいな~。




でも、今年の八丈島の梅雨は雨が少なすぎて農家にとってはちょっと深刻な問題だ。

このまま梅雨が明けたら大変だな。

末吉自治会の花壇に夏の花を植え込んだけど、何せ広範囲の為沢山の花に毎日水をやらなくてはいけない。

例年だと花を植えた後雨がニ・三日続くこともあり、花の水やりは毎日する必要ない。

明日は仕事に行く前、水遣りに行かなければならない。

ちょっとバテ気味・・・。




降水量の多い八丈島に雨が降らず、今日本列島に雨が多いというのがとても気になる。

九州地方の雨の被害の大きさには本当に驚かされ、複雑な気持ちになる。

あの土砂崩れの木の種類は針葉樹が多く見られるが、違うだろうか?

今までに無いあの雨の多さからは、どんな木が植わっていようとも関係なく地質がもろくなってしまうのだろうか。

裏山から地すべり状態で木諸とも崩れ民家を飲み込むその光景には辛くなる。

地震とか台風と違い、土砂崩れに備えなど可能だろうか。

前もって知ることは難しいだろうな~。場所によって予測できることもあるだろうけど。

たとえ防災無線などでお知らせが届いたとしても家から逃げた方がいいのかどうかの判断には、本当に迷うと思う。
by mintogreen | 2012-07-14 22:58 | 美味しい、嬉しい!

ヤトロファ インテゲリマ



私は普段、インドザクラと呼んでいます。
e0089001_2238362.jpg

ナンヨウザクラとも呼ばれています。

初夏から、晩秋まで咲き続けます。

色は鮮やかですが、直径は2cm~2,5cm位のとってもかわいい花。

一度に沢山咲くのではなく、あ、咲いてるな~、あ~、こっちにも咲き出した・・・

というふうに、延々と控えめに咲き続けてくれる。




今日は少しだけ、花木の移動を行った。

夏が来る前に家の周りを少しすっきりさせたくて、鉢植えにして置いたインドザクラを思い切って地面に植えてみた。

実は早くから地植えにしたいと思いながら、何処に植えてよいのやら迷っていた。



この木は低木で、2m~3m位まで成長する。

台風の時も風で枝がしなやかに煽られるので、ポキンと折れることは無い。

しかし私は、この大好きな植物を絶対に台風被害に遭わせたくないばかりに、過保護に鉢で育てていたのだ。



私たちが出入りする場所で、私たちを見下ろす位に成長したインドザクラ・・・

w、この鉢は簡単に持ち上がらない・・・んじゃない?

www~やばいよね。

よ~っし!思いっきり引っこ抜いちゃえ~!!



は~。。。抜けたけど・・・かわいそう・・・

でも、大丈夫。

植える場所を吟味して、よ~く耕して深く穴を掘ったら、牛糞と堆肥を入れてやさしい化学肥料をパラパラ撒いて・・・

向きをよ~く見定めて、しっかりと植え込みました。



うわ~、なんだかうれしそう~♪

やっぱり家の出入り口より、仲間に囲まれた緑の中のほうが、花が映える。

良かった・・・



ついでにインドザクラの側にあったアジサイの鉢植え(墨田の花火)も、別の場所に移動しました。

その場所気に入ってくれるかな~。

西日がちょっと気になるな~。

もうちょっと、考えてから場所を決めよう。




今日は花壇の周りに蔓延った野笹や草を刈り取った。

この間から少しずつやってるんだけど、その度に大きな籠一杯を何度も葉っぱを捨てる場所まで運ぶ。

これがまた重労働なもんだから、体重計に数ヶ月ぶりに乗ったら、なんと!2,5kg減っていた。

やせたい人~!我が家に働きに来る~♪ 大歓迎だよ~ん^^

梅雨の晴れ間は、周りをさっぱりさせると気持ちい~~~ね。

野菜畑にも夕食の支度の前に急いで行ってみる。

今日の収穫は、きゅうり二本。

台風の風で哀れな姿になったが、なんとか生き延びて収穫が出来るまでになった。




体重は減るは、庭は綺麗になるは、美味しい野菜のおかずが食卓に並ぶは♪

は~、園芸に農作業は最高だね。

やめらんね~♪
by mintogreen | 2012-07-04 23:40 | 花とグリーン

梅酢がこんなに!




今年の梅の出来の良さが、やはり結果に表れた。
e0089001_2305767.jpg

今までに無い、梅酢の量だ。

一段目の重石を超えていて、びっくり!



梅は、三つのホーローにそれぞれ、4kg、3,6kg、3、7kgずつ入っている。

重石は、6kgプラス3,5kg、5kgプラス2,5kg等、梅の倍以上の重さにしてある。

梅は完熟のもの、追塾させたもの、そして塩の量もきっちり測り計りで18%とした。




2日目をまたいだ辺りから、梅酢を確認。

10日目には、塩と重石にによって生み出される梅酢の量が最大になる。

この時期の梅酢は、美しく透明な夏の万能薬としてきらきらと輝くのである。

その酢は、土用の梅を干す日まで梅を守り続けてくれる。



透明といっても、私に言わせれば梅という植物の実から搾り出された存在感のある透明である。

画像では色付いて見えるが、実際にお玉ですくい上げ漏斗で瓶に注ぎ入れるときの透明感には感動する。

ちょうど10日目を境に、その透き通った白梅酢はどんどん変色してくる。

梅を浸す量を残し瓶に取り保存して置くと色々役に立つ。

焼酎の四合瓶を洗い熱湯消毒を済ませておき。

ホーロー一つにつき瓶一本分の白梅酢が収穫される。



瓶に詰め、眺める。

宝物だ~。




(画像は撮っておきませんでしたので、後で挿入したいと思います。)







こちらは青梅で作った10日経って出来上がった、梅ジュース。
e0089001_2325539.jpg

粗目の溶け方が一番早かったのに、結果は最下位。

何と溶け始めが一番遅かった白砂糖が、綺麗に跡形も無く溶けた。

三温糖は、なんとなく粒子が残った。

粗目は下のほうにかなり溜まって、掻き出す苦労を伴った。

ホーロー鍋で、それぞれの種類ごとに沸騰しない程度に熱を加え、熱湯消毒した瓶に保存した。

飲み比べをしたら、やはり粗目が一番すっきりして美味しかった。

白砂糖は、甘さが舌に残る感じ。

来年から、溶け辛くとも粗目がいいかな~^^美味しいほうがいい♪



あ~、後は梅干しだな。

土用が入るのが楽しみだな~。

果たして3日間の晴れ間が訪れるか?
by mintogreen | 2012-07-03 23:59 | 美味しい、嬉しい!