緑色の島

mintogreen.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あっという間の一年でした


広島・安芸宮島 水族館の熱帯魚たち
e0089001_22205946.jpg



年々、時が過ぎるのが早く感じ、気付いた時は年の暮れ・・・という感じではありませんか?^^

今年も世界中でいろいろありました。

ほんとにまあ!という事や、いい事も♪ 悪いことも・・・。



地球を外側から眺めて見たら・・・

この水族館の中で泳ぎ回る熱帯魚のように優雅とは程遠く、地球という水族館で私たち人間たちは

しょうも無いことを、あ~でもないこ~でもないと言いながら、あくせく動きまわっているんだろうな~。



それぞれの人生をその人なりに歩んでいるってことなんだな~。。。

今年の自分は何が出来たかな?

と考えてみた。

うんうん、けっこう頑張った^^

去年よりフットワークが軽く、やりたいことが出来たと思う。



いい事もいやなことも、今日一日で忘れる技を身につけたんだぜ。

これは最高に気持ちのいいものだ。

今日一日は真剣勝負。

しかし、一晩寝ればきれいさっぱりと前日の事は忘れる。

これって、年をとったってこと?^^



ま、どっちにしたっていい気分。

そしてまた、一日が始まる。

お日様に挨拶をして、一日自分に出来るだけの力を発揮する。

これでいいのだね。



来年は、地球にとって少しでも良い年になりますように。

皆様にとって良い年になりますように。
by mintogreen | 2012-12-28 23:07 | おしゃべりコーナー

倫理が問われる選挙



今回の選挙で問われていること。



子供たちにどのような日本を残してあげられるのか?

これ以上、子供たちに大きなツケを残していいのか?



選挙権を持っている人全員に聞きたい。




私は、原発の無い社会、格差の無い社会、戦争を産業としない社会を子供たちに残したい。



これらのことを真剣に考えている人に大切な一票を投じなくては。

見せ掛けだけの言葉ではなく、目先の事だけではなく、一部の人たちだけの利益の為だけではなく。

これから続く未来を担う人達の住みやすい社会ができるように。




福一原発を終息させる為に

今の現状をしっかりと捉え、世界から見る日本の現状を認識すること、

世界のその道の専門家を結集し、真剣に取り組んで欲しい。

そして、全ての原発を廃炉に。

世界はもうそういう動きになりだした。

日本のマスコミが伝えるニュースと世界が日本の現状を真剣に捉えているギャップがあまりにもかけ離れ過ぎていることさえ気付かない日本人。

それはネットで日々ニュースを追っている人たちと、テレビ・新聞しか見ない人たちとの情報格差。

考えることが面倒くさい人達、どんどん情報を知ろうと探す人達、少しずつ気付き始めてる人達。


今、私たちが考え実行しないと、これからの未来に大きな大きなツケを残すことになる。




原発は倫理の欠如がもたらした異物。


廃炉にするまでの時間は、エネルギーのシフト、原発に携わっていた人達の雇用などもろもろを考えると現実問題10年を要するという。



その道筋が確実なものとなるよう願う!


もし、自分が明日死ぬとしたら、これからも生きていく人達にどんな世界を残してあげたいか?

そんな風に考えたら、答えは単純だ。



自分だけが幸せならいいのか?
by mintogreen | 2012-12-15 00:07 | おしゃべりコーナー

孫の誕生日



昨年、11月11日に生まれた孫が無事一歳の誕生日を迎えました。

こちらの風習では一歳前に歩いたら、誕生日にお餅を背負わせて、餅を一つずつ増やしていよいよ転ぶまで歩かせる。

娘から誕生日の前日、携帯動画で、「歩いたよ~♪」という知らせ。

やった~♪

誕生日のお祝いは、パパさんの休みに合わせて11月15日に行うことになっていた。

前日14日の朝早く、おばあちゃんと餅つき機で3kgの餅をついて、午後2時10分発の飛行機で
孫のもとへ飛んだ。

e0089001_21543191.jpg

がんばれ♪ がんばれ♪

ママの所からパパの所まで。

もう一息だよ。








e0089001_21552890.jpg

東京から長女、長男、次男も駆けつけてくれ、あおちゃんの一歩一歩歩く姿に大喝采!

自分が何をしているのか理解している風も無く、

「何か歩きづらいけど・・・どうしたんだろうなぁ・・・?」

周りの大騒ぎに嬉しそう♪

餅を一つずつ増やすたびに重そうによろよろと、それでもめげずに歩く孫。

おかしいやら、うれしいやら、笑いが止まりませんでした。



この子の母親も誕生日には餅を背負った。

途中で泣きべそをかいた記憶がある。

たいていの子供は、嫌がって泣いたりする。

この子は、どうしたんだろう?

将来大物かな?

な~んちゃって、早速、孫びいきが始まった^^

しょうがないよね、かわいすぎるんだもん。






この子たちの未来が守られますように・・・。
by mintogreen | 2012-12-01 22:21 | おしゃべりコーナー